UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

GoProの使い方やレビュー記事をまとめました

Sponsored Link

f:id:Rustyman:20160503200540j:plain

ここではGoProの使い方やトラブルシューティングの記事をまとめています。また特殊な社外品マウントの購入先等も記述されているので、興味の有る方は是非ご一読下さい。

取り扱いに関する一覧

2016年現在のおすすめのGoPro

  2017年には現行のラインナップが一新されるようですが、現在市場に出回っている商品の中でおすすめの機種をタイプ別にまとめています。これからGoProを買おうとしている方向けの記事です。

 

クイックリリースバックルの耐久性

GoProのクイックリリースバックルは破損しやすく、私の手持ちもガンガン壊れている為、記事を作成しました。バックル単品で販売されておらず、消耗品の割に慎重な運用が求められます。

 

クイックリリースバックルの純正品と社外品の比較

手持ちのストックに窮してしまい、社外品のバックルを調達しました。純正との形状や剛性の比較を行っています。追加で買い足す方は是非ご確認下さい。

 

サイドマウントの使い方

バイクでの撮影にはサイドマウントは特に使用するマウントです。サイドマウントを使った様々な撮影手法を公開しました。工夫を凝らせば非常に多様な絵を制作することが出来るマウントですから、確実にマスターしたいですね。

 

チェストハーネスで失敗しないコツ

チェストハーネスマウントは旅先での使用頻度が高い割に失敗も多いマウントです。ここでは狙った動画を撮影する為のノウハウをまとめています。他のマウントの組み合わせ等、実際の使用を元に私が編み出したテクニックを記述しました。 

 

GoProの動画のブレを簡単に収める方法

 GoProは手振れ補正が搭載されておらず、スピードの出る競技では振動との戦いになります。そこで現場で対応できる調整テクニックをまとめました。コスト0円で今すぐ使える手法ばかりです。

 

Protuneの設定方法

GoProStudioを使ったProtuneモードの運用の仕方について解説しています。一部の上位モデルに搭載されている機能ですが、これを使用しますと非常にビビッドかつシャープな動画になるおすすめの機能です。

 

バイクを使って上手にタイムラプスを撮影するやり方

ここではバイクを使ってタイムラプス動画を製作するノウハウをまとめました。これらのテクニックをベースにGoProAwardsにも投稿しています。移動しながらでも綺麗にコマ撮りするための内容です。

 

GoProAwards投稿記

GoProは昨年からGoProAwardsという賞金付きの投稿プログラムを実施しています。私も既に数回投稿していますが、その際のGoProサイドの反応等、受賞を狙う為に気がついたことをまとめました。

 

3人称マウントの調達方法

 デイバック型のマウントの使用例と購入方法の記事です。これを使うと非常に映画的な面白い絵を自分一人で作成出来る様になります。現在円高進行中のため、お値段も割安です。

 

アンダーカウルへの設置術

バイクのアンダーカウルへ設置し、迫力有る動画を撮影する手法を公開しています。この方法で制作した動画はGoPro公式SNSでも紹介されました。地面スレスレの動画は非常にスピード感が高くなります。

 

バイクへの設置ポイントのまとめ

バイクへの取り付け位置は、私の使用しているもので20箇所以上有ります。ここではその中でも特に厳選した内容を紹介しています。これからバイクで撮影を始める方には是非読んで欲しい内容です。

 

レンズカバーへの撥水剤のテスト

GoProは雨天時の撮影に弱く、対策無しの状態では雫がレンズに張り付いて上手く撮る事ができません。そこで複数の撥水剤を比較し、激しい雨の中でもクリアな動画が撮れる方法を探し出しました。

 

転送用のカードリーダーのススメ

これは正確にはハウツー的な内容では有りませんが、4K解像度では非常に巨大なファイルを扱うため、USB3.0のリーダーを用意すると良いでしょう。使い始めると32GBくらいはあっという間に使い切ります。

 

GoProが複数有ると便利な理由

カメラは数多く購入しましたが、やはりカメラの数は複数有った方が絶対に有利です。映像制作に幅を出せる為、是非ご検討下さい。

 

バイクの何処にGoProを付ければ良いか迷った時のおすすめスポット

バイクで迫力有る映像を作るためにどこに設置するべきかを考えてみました。実体験をベースにした内容になっています。これからバイク動画を作る方は是非。

 

サクションカップマウントの使い方

サクションカップの使い方と、実際の使用例をまとめています。特に自動車への親和性の高いマウントですから、車載動画用に是非マスターしたいマウントです。

 

手軽にGoProスキンを作る方法

GoProカスタマイズの一環としてスキン作りの記事を作成しました。価格も安く、個性的なマイGoProを作るにはうってつけのアイテムですから、無機質なGoProの外見に飽きたら試してみてください。

GoProマウントの紹介

GoProマウントのまとめ Part1

GoProマウントのまとめ Part2

GoProマウントのまとめ Part3

市場に出回っているマウント類を揃えてみました。使い方のワンポイントアドバイス等をまとめていますので、追加購入される方向けの内容になっています。

 

三脚マウントの解説

三脚型のマウントに的を絞って特集を組みました。GoProの設置には不可欠なアイテムですし、撮影の幅を広げる為にも一つは持っておきたいですね。

 

GoProのレビュー記事

GoPro HERO4 session

2016年新型session

去年1年間HERO4sessinを使い込んだレビュー記事を制作しました。実際の撮影シーンでの経験をベースに解説しています。この小さなアクションカメラにご興味の有る方にはおすすめの内容です。

 

GoPro HERO

エントリーモデルのHEROのレビューです。これは最終的に3台購入し、連携して使っていました。ハウジングケースと一体型のため、バッテリー容量も大きくタフな一台でした。今なら値下げしたsessionの方がお得感は強いかもしれません。

 

GoPro HERO4 Black & Silver

フラッグシップのHERO4を比較してみました。やはり画質的には4Kが実用レベルのBlackに利が有ります。Silverも背面液晶が使いやすく、非常に人気のモデルです。

 

HERO+ LCD

ベーシックなHEROに背面液晶を付けたモデルです。形状的にも癖が無く、慣れていて使い易いのはこいつです。背面液晶は画面をモニターするのには最適です。バッテリーは交換することが出来ず、そこがHERO4 silverより弱いところかもしれません。