UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

アクションカメラで撮影した峠道のまとめ

Sponsored Link

 

f:id:Rustyman:20160507165428p:plain

去年書いた記事を整理していたらツーリングの記録記事がかなり読まれている様だったので、これもまとめページを作りました。最近あまり遠征できていませんが、東海地区くらいはしっかりまとめないといけないかもしれませんね。ここ見てきてくれ!というのが有る方、ブコメ等お待ちしています。

 岐阜県

金華山ドライブウェイ

恐ろしく狭い道でバイクでさえ通行するのは困難な道でした。頂上からの景色はとても素晴らしく、夜景は楽しめそうです。GW時期は虫がちょっと多いかな…。今はハイキングコースとして定着しており、道の真ん中を人が歩いているケースが多いので、交通事故を避ける意味でもあまりおすすめしません。

 

二ノ瀬峠

三重県との県境にあるスポットですが、こちらも道としては非常に細いです。生活道路ですから車の往来もそれなりに有り、あまり快適に走れる環境では有りませんでした。事実上の1車線区間が長い割に、自転車の交通量は多いため、事故にはくれぐれもご注意下さい。

 

静岡県

箱根ターンパイク

ここは走りのスポットとして有名ですが、ラウンジや広い駐車場がきちんと整備されており、単純な観光目的もおすすめのスポットです。あまり急カーブが無く、急勾配が続くため、走行スピードは高くなりがちです。 

 

芦ノ湖スカイライン

芦ノ湖に沿って走っていく道は景観も素晴らしくドライブにはうってつけです。道路も良く整備されており、快適に走行出来る環境が整っています。曲がりくねった区間が適度に入る為、峠道を楽しみたい方にもおすすめです。 

 

箱根スカイライン

前述の芦ノ湖スカイラインと隣接していますが、こちらも山頂からみる景観は素晴らしいの一言です。道幅にも余裕が有り、走行中の怖さの様な物は有りません。なだらかな道が続く為、無理なく走ることが出来るのが良いですね。

 

富士山スカイライン

富士山を一気に登っていくこちらのルートは、観光目的の車の往来が比較的激しくなっています。登り始めるとヘアピンが多く、前の車が詰まっていることが多々有ります。標高が高く、五月頃でもまだ雪が残っている為、防寒には気をつけていった方が良さそうです。

 

ふじあざみライン

こちらも富士山スカイラインとは別ルートで富士山を登っていきます。こちらの方が急勾配かつ綺麗な道が多くおすすめのスポットです。富士山スカイラインよりもタイトなヘアピンが点在しており、自転車の交通量も多いのが特徴です。

 

三重県

二ノ瀬峠

岐阜との県境にあるスポットですが、三重県側はあまり曲がりくねった道ではなく、なだらかな坂道を走っていくことになります。道幅はやや狭く、自動車で通るには少し窮屈な道です。

 

愛知県

加茂広域農道

三河湖周辺を走る広域農道ですが、タイトなワインディングが続くルートです。路面が複雑にうねっており、愛知県内で名の知れた峠道の中では特に低速コーナーが難しい所になります。交通量は少なく、きままに走行するには特に向いています。

 

本宮山スカイライン

新城市の山奥を走っている道で、休憩可能な道の駅からも近く、交通の便の良いところです。急勾配と中低速コーナーがバランス良く配置されており、ドライバーの技量次第でかなりペースに差が出来る道になっています。ここは白バイとの遭遇率がやや高く、スピードの出し過ぎには注意したいところです。

 

蔵王山

山頂の展望台まで登っていくルートが2つ有り、一つは山に沿って走っていくなだらかなルートと、複雑にコーナーが絡んだルートが存在します。なだらかな道は道幅が広い割に自動車の往来が激しく、走行に気を使います。他方は草葉が生い茂っていますが、2輪車ならかなり遊べるスポットです。特にS字の切り替えしが多く、リズム良く走る必要が有ります。

 

三河湾スカイライン

2016年現在約半分のルートががけ崩れにより交通不可になっています。山頂のホテル付近は路面も綺麗で走りやすく、起伏の富んだ道を楽しむことが出来ます。季節によっては落ち葉の堆積や伸びた枝葉で道幅が狭くなりますので、自動車で走る方はご注意下さい。

 

三ヶ根山スカイライン

山頂から海を見渡せる眺めの良い所です。あまりヘアピンは有りませんが、勾配がそこそこ有り、大排気量車が面白いところです。特に山頂付近は尾根に沿って走っていく為、スピードが乗り易くなっています。駐車場や休憩スポットも完備されており、数人で連れ立っていくには良いところです。

 

茶臼山高原道路

奥のスキー場まで長めの道路が続きます。半分は曲がりくねった山道が続きますが、ある時点を過ぎると勾配を伴ったゆるやかな道に変わっていきます。標高が高く、霧が出易いので雨上がりには注意が必要です。ここもちょっとした休憩スポットが点在しており、疲れたときに休みやすくなっています。

 

滋賀県

奥琵琶湖パークウェイ

半島を駆け抜ける長めのワインディングが楽しめる良ルートです。休憩スポットも適所に用意されており、ツーリングに必要な物は事欠きません。中低速コーナーが連続するリズミカルなレイアウトをしており、走りがいの有る曲がり道を堪能したい方には向いています。