UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

アプリリア SHIVER750のスペックはここが凄い!

Sponsored Link

アプリリア SHIVER750

アプリリアのミドルクラスネイキッド、SHIVER750のご紹介です。今時珍しいSSの兄弟機を持たないネイキッドです。750ccのネイキッドバイクというのも最近は少なくなりました。アプリリアが誇るミドルクラスのスポーツネイキッドです。

アプリリア SHIVER750

SHIVER750に搭載されている750cc、90度バンク水冷V型2気筒エンジンは、ピークパワーは95馬力/9000回転と同じアプリリアのドルソデューロ750よりは多少上まで回る感じです。同排気量のライバルであるスズキのGSR750と比べると2気筒の為にピークパワーで劣り、代わりに下からのトルクは厚いという2気筒と4気筒の構図そのものとなっています。アプリリアもクラス最高レベルのパワーと称していますが、確かにミドルクラスのネイキッドとしてはかなりパワーは出ている部類です。乾燥重量199kgと車重もほぼ同等ですね。一般道の走行には十分過ぎる馬力が備わっている為、3つのマッピングを入力したパワーモードでライダーが出力特性を調整することが可能になっています。

 

アプリリア SHIVER750

フレームは鋼管フレームにアルミサイドプレートを合わせた形、アプリリアのお気に入りの構造です。リアサスペンションは排気マニホールドを避ける形で車体横に装着されています。赤色のスプリングと合わせて、横方向から見た時のデザイン的なアクセントになっています。マフラーはセンターアップマフラーを採用していますが、これも後ろから見た時の表情がとても素晴らしいイタリア車らしい上手いまとめ方をしていますね。

足回りはスポーツネイキッドらしく、ラジアルマウントのブレーキキャリパーで確かな制動力を発揮します。フロントは320mmのウェーブディスクと4ポットキャリパーの組み合わせ、リアには245mmを使用し、強力な効きとコントロール性を確保されたスポーツ走行に適したブレーキです。ホイールはオンロードモデルの為、17インチキャストホイールを採用しています。

ハンドル高はネイキッドとしては控えめでやや前傾姿勢になっています。シート高800mmとかなり乗り易いサイズをしており、平均的な日本人の体格でも違和感無く乗れるかと思います。

 21世紀のネイキッドらしい先進的なスタイル等、流行に乗ったスタイリッシュさと等身大のパワーで、リッタークラスの重たくパワーを持て余すクラスに乗っていた方には良い収まり処ではないでしょうか。アプリリアらしく街乗りからワインディングまで幅広く使うことを想定しつつもスポーツ色は強めに設計されています。また、これから大型にクラスアップする方にもスムーズに移行し易いサイズ感です。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

アプリリアのバイク一覧

スズキ GSX-S750