UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

BMW F800Rのスペックはここが凄い!

Sponsored Link

BMW F800R

BMWのエントリーモデルであるF 800 R。798ccと排気量的には全然エントリーという感じがしないですが、大排気量がメインのBMWではこれでも小さい部類に入ります。

快適性も高いストリートモデル

BMW F800R

F800Rは特徴的なライト形状が雰囲気も抜群なネイキッドスタイルのバイクです。ストリートモデルということで、ポジションには適度なリラックス感が有ります。シート高はシート変更込みで780mmから820mmと、ライダーの体格に有ったサイズを選ぶ仕様です。ネイキッドバイクという取り回しの優しいバイクであることも考慮すると、とてもユーザーへのフレンドリーさを感じますね。

メーカーではF800Rはオールマイティなバイクと表現しており、素の状態でスポーティさに優れるネイキッドバイクとして運用できる他、積載性を向上させるサイドバッグ等の装備、そしてウインドスクリーンの様な防風装備も設定されています。スタイリング的にはアンダーカウルが無くて寂しい方にはエンジンカバー、よりスポーティな外観を求める方にはリアシートカバー等も揃っています。

BMW F800R

エンジンは798cc水冷並列2気筒を搭載しています。ピークパワーは90馬力/8000回転、トルクは86Nm/5,800回転と下からのトルクが厚い傾向に有りますね。クランクは一般的な360度クランクを採用しています。オイルの潤滑はドライサンプ方式でオイルタンクから圧力をかけたオイルがエンジン内を循環します。この薄めのオイルタンクはエンジン下に付けられていますから、交換時の排出も容易な仕様です。

ブレーキはフロント側が320mmのダブルフローティングディスクに4ポットのBremboキャリパーをセットにしています。リア側は265mmのシングルディスクです。ブレーキにはABSが標準装備されており、雨天の走行や急制動時のホイールロックも安心感が有ります。サスペンションはライダーの好みに合わせて前後プリロード調整可能です。車重202kgとこのクラスのバイクとしては軽く、400ccクラスからステップアップしてもスムーズに移行できそうですね。

 

BMW F800R

国内仕様では防寒装備としてのグリップヒーター、トップケースを装着するキャリア、メンテナンスに活用できるセンタースタンド等が上の写真にプラスされる形で付いてきます。

更にオプション装備として約10万円で電子制御サスペンションのESA(Electronic Suspension Adjustment)とASC(Automatic Stability Control)を追加することが可能です。ESAはサスペンションの減衰力を調整する機能で、ハンドルバーのスイッチで変更することが出来ます。ツーリング時の快適性から、ワインディングで少しペースを上げた時の安定性まで幅広く対応してくれます。ASCはホイールの空転を感知し、出力を可変することでグリップを回復する仕組みです。過度なアクセル操作により強いオーバーステアとなった時も安心の装備です。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

BMWのバイク一覧

カワサキ Z800