読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ XT660Xはここが凄い!!

ヤマハ XT660X

ヤマハの660ccのモタードバイク、XT660Xです。特徴的な2本出しマフラー等、大排気量モタードらしい適度なボリュームが見栄えがします。

660cc単気筒モタード

 

ヤマハ XT660X

スタイル的にはモタードらしくフロントの小径ホイールにオンロードタイヤ、フェンダーも短く切り詰められています。シュラウドに合わせシートも2トーンというヤマハらしい小洒落た感じです。ブレーキはシングルディスクですが、キャリパーはしっかりBremboになっており、十分な制動力を得ています。フロントフォークは正立にカバーをかけて適度なボリューム感を演出しています。この角度からでは見えませんが、チラッと見える赤いリアサスペンションも良い味を出しています。ライトはグリッとした単眼ライトでコンパクトにまとめられています。ハンドルにはヤマハロゴ付きのパッド等それらしい雰囲気を感じさせるアイテムが随所に盛り込まれている感じです。このXT660Xも含め、ヨーロッパヤマハのモタードはやや上品な雰囲気が特徴的です。あまりシートは高い様に見えませんが、875mmとヨーロッパのライダーに合わせたかなり高めのシートです。単気筒エンジンでバイクの幅はスリムでも、足付きはちょっと人を選びそうな数字ですね。

 

ヤマハ XT660X

XT660Xは660cc水冷単気筒となっています。2本出しマフラーの為、2気筒かと思いきやこれは単気筒です。ピークパワーは47.6馬力/6000回転と単気筒らしくかなり低い回転数からパワーがモリモリ出てくる力強い特性をしています。高回転まで綺麗に回るフィーリングを好む多気筒派の好みとは合いませんが、アクセルを開ければ即加速する元気の良さが魅力です。荒れた路面にも飛び込むモタードバイクですが、地上最低高はやや低めの210mmとなっています。それでもオイルの潤滑はドライサンプ化され、エンジン下に空間を保つ様配慮されています。車重は186kgとMT-09とほぼ同等で、いかにも軽そうな見た目からすると若干重たく感じるかもしれません。ホイールベースは1505mmと切り詰められており、モタードらしい小回りの良さは保たれています。ホイールは17インチのスポークホイールで、多少ラフに扱ってもサスペンションとセットになって上手に衝撃をいなしてくれます。リアタイヤのタイヤ幅は160とXT660Rよりも大幅に太くなり、よりグリップ力を高めています。

オプションにはウィンドスクリーンやハンドガード、それにチタンマフラー等が純正でラインナップされています。スクリーンは便利ですが、モタードの軽快なルックスをやや損なってしまうかもしれません。ハンドガードやアンダーガード等、見た目もスパルタンな装備は実際に攻めた走りをしなくてもドレスアップとして十分有りです。大排気量モタードというジャンルはあまりメジャーなジャンルでは有りませんが、単気筒エンジンの独特なパワーフィール等、軽快なバイクを好む方には面白い選択肢です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ヤマハのバイク一覧

ヤマハ WR250X

ヤマハ XT660Z

アプリリア ドルソデューロ750

KTM 690 SMC R

スズキ DR-Z400SM

MV AGUSTA RIVALE 800

ドゥカティ Hypermotard 939

ハスクバーナ FS450

ハスクバーナ 701SUPERMOTO