読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ XTZ125はここが凄い!!

ヤマハ XTZ125

ブラジルヤマハより最小クラスのオフロード、XTZ125です。ややマイナーな車種ですが、125ccでオフロードが買える貴重な選択肢です。

ヤマハの125ccオフロード

 

ヤマハ XTZ125

スタイリングはスッキリとした一灯のライトに、フォークブーツの付いたフロントフォーク、リアシートまで上げられたマフラー等いかにもオフロードバイクらしい顔つきをしています。ヤマハらしいブルーのカラーも本格的な雰囲気を演出していますね。車体はとにかくスリムな印象ですが、タンクは11Lとオフロード車としては多少余裕の有るタンクですから、航続距離は悪く有りません。フロントフォークにはフォークブーツを被せて、オフロード走行中の砂や飛び石を防ぐ仕組みです。180mmとストロークも十分で、舗装されていない路面のギャップを上手に吸収してくれます。またリアシートにはキャリアが標準装備されていますから、ちょっとした荷物を積んだりする際に重宝します。

 

ヤマハ XTZ125

XTZ125に搭載されているエンジンは124cc空冷単気筒。ボアストロークは54×54mmのスクエアストロークになっています。燃料供給はキャブレターで、最大馬力は12.5馬力/8000回転と同クラスのKLX125に比べるとわずかに高い数字が出ています。ヤマハ独自のバランサー技術で、単気筒ながら低振動低騒音に抑えられたエンジンです。オフロード走行用にエンジンカバーも設けられており、木や岩を乗り越えた時のエンジン下のダメージを防いでくれます。始動はセル+キック併用の為、基本的にはセルモーターで始動させることが可能です。マウントするフレームはハイテン鋼のダイヤモンドフレームとなっています。

車重118kgと125ccクラスらしい軽量なボディで、オフロード初心者でも扱い易いのがポイントです。シート高840mmとオフロードらしいやや高めなシートをしています。エンジンが小さく、幅はスリムですが、ネイキッド等低めの車種に比べると、足付きはやや難が有る感じですね。ポジションはアップライトになっており、姿勢は辛く有りませんが、オフロード車は防風性が控えめの為、スクリーンは欲しくなるかもしれません。ホイールもフロント21インチ、リア18インチとオフロード向けのセッティングになっています。

ただし現在日本国内で新車販売されているXTZ125は中国ヤマハが生産している物ですので、上と若干スペックが異なります。車体やタイヤサイズは同様ですが、最大出力を9.6馬力/7500回転、最大トルクを1.00kg-m/6000回転に変更しています。

 

www.youtube.com

100kg少々の車重の為、実際の走行時も非常に軽快です。車体サイズがコンパクトな分、狭い林道に入り込んでも走破することが可能です。ただ入門バイクとはいえ、装備類は固めておいた方がライダーの怪我防止の観点からも有効でしょう。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ヤマハのバイク一覧

ヤマハ WR125R

カワサキ KLX125

カワサキ KLX250

ホンダ CRF250L

リエフ MARATHON125 AC

リエフ MARATHON125 PRO