UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ RMX450Zはここが凄い!!

Sponsored Link

スズキ RMX450Z

スズキのオフロードのフラッグシップモデル、RMX450Zです。レーサーに保安部品を搭載して公道走行を可能にした超過激モデルになります。

レーサー由来の400ccクラスオフロード

スズキ RMX450Z

ライト形状もどこかGSXシリーズを連想させる異形ライトで、スズキのラインナップの中でも非常に今風です。新型に切り替わったばかりですから、デザイン的には一歩リードする綺麗なシルエットですね。そしてシュラウドやシート類を外した姿もいかにも豪華です。フレームや足回りはレーサーのRM-Z450と同一の物を使用しています。ツインスパーフレームとそれに繋がるスイングアームはアルミ製です。一方公道仕様らしくセルで一発始動してくれる使い易さです。フロントの倒立フォーク、リアの別体タンク付きのリアサスペンションは共にSHOWA製を採用しています。これは両方とも調整式です。ホイールはRK EXCELのアルミホイールで、オフロードの強い衝撃もしっかり受け止めてくれます。ブレーキはフロント250mmとリア240mmのウェーブディスクにNISSIN製キャリパー、更にリアブレーキにはキャリパーとディスクにカバーを設けてオフロードでの耐久性を高めています。

ここまでクオリティの高い装備を盛り込んだRMX450Zですが、シート高が955mmと国産オフロード最強クラスの高さです。両足のつま先も付くかどうか怪しくなる数字で、スリムな車体の割にとても高い設計ですね。タンクも容量6.2Lと物凄く小さいタンクで、航続距離より性能重視のサイズを選んでいます。車重は124kgと流石に公道も走れるレーサーと言った感じの超軽量仕様になっています。250ccクラスよりも軽いとは恐れ入りました。

 

スズキ RMX450Z

RMX450Zのエンジンは449ccの4ストローク水冷単気筒。エンジン出力は公表されていませんが、兄弟のRM-Z450が57馬力有ることを考慮すればこれの馬力も自ずと予測出来るのではないでしょうか。カムプロフィールを若干調整し、低中回転域でより力強さを感じるセッティングにしています。アルミシリンダーにスズキお得意のSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキを施し、軽量コンパクトに仕上げています。アンダーガードもエンジンやフレームの形状と綺麗に一体となった専用品を標準装備しています。5速MT仕様で、ギア比をややワイドに設定し高速道路等オンロードの高い速度域もカバーします。これに関してはインジェクション仕様の為、マフラーの交換等で国内販売できそうな気もしますが、400ccオフロードで100万円オーバーではメーカーも売れないと判断しても仕方有りません。

内容としてはレーサー級の高性能を求めるライダーに応える、しっかりとコストのかかった豪華パッケージですね。オフロードをガンガン攻めることの出来る上級者ライダー向けとなっています。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

スズキのバイク一覧

KTM 690 ENDURO R