読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ YZ85/LWはここが凄い!!

ヤマハ YZ85/LW

YZ85はヤマハのモトクロッサー、YZシリーズの中でも最小排気量のモデルで、これからモトクロスにチャレンジするビギナーやキッズの為のマシンです。価格も抑えられており、これからオフロードを始めたい方にはぴったりの一台になります。

ヤマハよりエントリークラスのモトクロッサー

ヤマハ YZ85/LW

エントリークラスとはいえ、見た目は本格的なモトクロス用のマシンです。競技用ですからライトやミラーといった保安部品は取られ、ゼッケンの為のスペースが設けられています。無駄を削ぎ落としたスリムなボディに倒立フォークが良く映えますね。これも275mmのホイールトラベルが有り、モトクロスの走行シーンで度々見られる飛距離の有るジャンプに対応します。トランスミッションも当然6速MT仕様です。手のサイズに合わせるクラッチレバーアジャスターが有る為、子供の小さな手にも対応可能な仕組みを取っています。ブレーキはフロント220mm、リア190mmと比較的大きめのサイズのディスクが設けられました。ホイールサイズはフロント17インチ、リア14インチを使用しています。フラットなシートは840mmと高いのですが、モトクロッサーは車重が羽根の様に軽い為、バランスを崩しても足で支え易いのが特徴です。

カラーリングはヤマハブルーのシュラウドにブロックパターンと本格的なレーシングマシンのスタイルです。オプションとして白を基調としたデカールキットも有り、好みでカラーを変えられます。

 

ヤマハ YZ85/LW

エンジンはサイドに大きく張り出したチャンバーを見れば明らかですが、84ccの2ストローク水冷単気筒を採用しています。2ストロークエンジンは今では珍しくなりましたが、競技車両の世界ではまだまだ現役です。84ccと非常に小さいながらしっかりとしたパワーを発揮します。ボアストロークは47.5×47.8mmとスクエアからややロング寄りといったところで、オフロードバイクらしく幅を細く抑えています。エンジンをマウントするフレームはスチール製のダブルクレードルフレーム、スイングアームはアルミ製になります。5Lのタンクにはオイルとガソリンを混合して給油する仕組みです。始動はキック式のみですが、その分全体の車重を71kgと軽くしています。このくらいの重さならビギナーでも扱い易く、オフロードを始めるには最適です。価格は30万円後半と、競技用マシンとしてはかなり抑えた設定です。このくらいなら子供に与えるにも負担は少ないですし、学生が購入するにも優しいですね。

またYZ85にはラージホイールに換装したYZ85LWが同時に設定されています。YZ85自体はビギナー向けで間違い有りませんが、車体は小さい為、大人の体格ならホイールサイズの大きくなっているYZ85LWの方が窮屈さは低減されるでしょう。シート高も875mmと少し高くなっています。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ヤマハのバイク一覧

ヤマハ PW50

ホンダ CRF50F

スズキ RM85L