UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ バーグマン200はここが凄い!!

Sponsored Link

スズキ バーグマン200

スズキより200ccクラスのビッグスクーター、バーグマン200。小型のスクーターに比べるとスタイリングにも迫力が出て、収納力もアップするという中々実用的な一台です。

使い易いスズキの200ccスクーター

スズキ バーグマン200

スズキが提供しているバイクの中でも、人気車種のバーグマン200。バーグマン200は、ホンダのPCX150に対抗する為に、2014年より国内でも取り扱いがスタートしました。以前は国内と海外でそれぞれ使い分けをし、国内モデルはスカイウェイブ、海外ではバーグマンの名前で提供されていましたが、スカイウェイブからイメージチェンジする意味でこのモデルはバーグマン名義で販売されています。海外モデルには125ccというもうひとつ下のモデルも存在していますが、国内市場では今の所200ccだけの取り扱いです。
スタイリングの特徴として、大型スクーターの為、防風性に優れる非常に大きなスクリーンが標準装備されています。ライダーの体を大きくカバーする為、長時間の走行も疲れ難くなっています。バーグマン200が走行可能な高速道路においても、安定した走行が可能です。燃料タンク10Lはやや小さい気もしますが、エンジンの燃費は良く、ツーリングもそれなりにこなしてくれます。シート下のメットインスペースはかなり広く、41Lが用意されています。ヘルメット2つが余裕で収まる為、タンデム走行も安心ですね。12Vの電源ソケットは、ナビの追加の他、携帯電話やカメラの給電に使って頂けます。

 

スズキ バーグマン200

搭載するエンジンは199cc水冷4ストローク単気筒です。圧縮比は11:1、ボアストロークは69mm×53.4mmとなります。125ccクラスに比べると出力には余裕が有り、ピークパワーで19馬力/8000回転となっています。高速道路を走るなら最低でもこれくらいは欲しいところですね。クラッチは自動遠心式で、ライダーの手間を省いています。

バイクの利用用途としては、高い積載性を活かして近所の街乗りや通勤や通学用として利用する人が多い様です。シート高は735mmと低く、足着き性の良い車体です。車重が161kgと大柄な見た目に比例してやや重たくなっていますが、その分走り出した時の安定感は強くなっています。新車購入価格50万円弱と、スクーターとしてはやや高価な部類のバーグマンですが、ちょっとしたツーリングをこなすにはこちらの方が負担は少ないかと思います。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

スズキのバイク一覧

ホンダ PCX150