読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

デルビ Senda DRD 125はここが凄い!!

デルビ Senda DRD 125

DERBIの125ccモタード、SendaDRD125。50ccに比べると1クラス上になる為、パワーにも余裕が出て、より実用性が増します。自動車の流れに付いていこうとすれば、やはりこのくらいが余裕が有って快適です。

DERBI製125ccモタード

デルビ Senda DRD 125

シュラウドにはDERBIのビッグロゴがプリントされて、レーシーさの有るカラーです。フォークガードの赤も中々良いアクセントになっています。シートはフラットで、ライダーがバイクの上で動き易い様に設計されています。

SendaDRD125のサスペンションは41φの倒立フロントフォークに、リアは別体タンク付きのモノショックを採用しました。ホイールは前後17インチのスポークホイール仕様です。タイヤサイズはフロント100/80-17、リア130/70-17のタイヤを装着します。モタードということでオンロードタイヤを履いていますから、舗装路におけるグリップ力は十分ですね。

ブレーキは急制動もしっかりとこなす300mmと220mmの大径のディスクを各1枚使用しています。キャリパーは高速コーナーリングに耐えるラジアルマウントで、足回りに関してはかなり作りこまれている印象です。マフラーはモタードらしくアップマフラーで、純正はシンプルですが綺麗にまとめられています。125ccというエントリークラスのマシンですが、押さえる所はしっかり押さえられていますね。

 

デルビ Senda DRD 125

エンジンは124.2ccの4ストローク水冷単気筒を搭載します。圧縮比は12:1、ボアストロークは58.4×48.3mmとショートストローク仕様です。ピークパワーは欧州の免許制度一杯の15馬力/9250回転となっています。50ccでは非力すぎるという方にはこのくらいが適度なパワー感も感じられて良いのではないでしょうか。単気筒なので低速トルクも厚く、街乗りでは運用する分にはそれほど不足の無い加速を見せてくれそうです。最高速はメーカー公称の数字としては105km/hとなっています。下道ツーリングには十分な速度ですね。燃料供給にはφ30のキャブレター、トランスミッションは6速MT仕様です。シートは880mmとかなり高い設計となっています。車両重量は120kgです。とにかく軽くて自在に動くバイクをお探しの方にはぴったりな一台です。価格的には約4000ユーロ前後ということで、日本円では40万円後半くらいでしょうか。装備の割にコストパフォーマンスは中々良さそうです。

関連記事

DERBI Senda DRD X-Treme50SM

DERBI Senda DRD Pro50SM

ヤマハ WR125X

カワサキ D-Tracker125

DERBIのバイク一覧