読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ スカイウェイブ400はここが凄い!!

スズキ スカイウェイブ400

400ccのビッグスクーター、スカイウェイブ400。このクラスになると名実共にビッグの名に恥じぬ高い走行性能を持っています。エンジンパワーも大きな車体を引っ張るに足る性能を持っており、タンデム走行時も安心です。

スズキの400ccビッグスクーター

 

スズキ スカイウェイブ400

バイクを購入する場合、デザインと機能に着目する人も少なく有りません。そういう方には生物的なデザインのスズキのスカイウェイブ400が面白いです。400ccエンジンのおかげでパワーは非常に大きく、加速性能も高くなっています。一方でビッグスクーターらしく快適な乗り心地を保っています。スカイウェイブ400は高剛性のアンダーボーンフレームに、路面追従性に優れたリンク式のリアサスペンションをセットにしています。あまり調整する機会は無いかもしれませんが、プリロード調整によって多少乗り心地を変更する余地が残されています。もう少しコーナーの安定性が欲しい、等ライダーごとに調整が可能です。
ホイールはフロント14インチ、リア13インチのアルミホイールを装着しています。リムステッカーのおかげで見た目もスポーティです。タイヤも120/80-14、150/70-13と十分な太さを設けられています。
そして4連のアナログメーターは見た目もカッコイイ他、デジタル時計等実用性にも聞を配られています。フロントのラゲッジスペースは大小3つのスペースが確保されており、小物を入れておく分には十分過ぎる程広く作られています。シート下のメインのラゲッジスペースも63Lと広く、ヘルメットに荷物を加えてもまだ余裕が有る程広くなっています。それだけ空間を設けてもシートの高さは710mmに抑えられ、女性でも乗りやすい仕様です。

スカイウェイブ400には399cc水冷単気筒が搭載されています。最大出力は31馬力/7000回転と、400ccクラスとしてはやや低いかもしれません。その代わりにトルクが250ccより大幅に増大しており、スカイウェイブ250でタンデム走行や荷物の積載時にもたつきが気になった方にも満足して頂けるくらい加速力を高めています。燃料タンク13L有れば航続距離としては十分でしょう。メーカーからの公称燃費としては32km/Lとなっています。キーレススタートシステムのおかげで、鍵を一々バッグから出す必要も無く、また走行中に鍵が揺れてわずらわしい思いをする事も有りません。12Vの電源ソケットも用意されていますから、走行中の携帯の充電やナビの追加が可能です。400ccということで車検の必要な排気量ですが、下位クラスに比べると更に快適さが増しているので、資金的な余裕の有る方にはこちらがおすすめです。新車価格80万円と高価ですが、ネイキッド等とはまた違った余裕の走りを体感して頂けます。

 

スズキ スカイウェイブ400

こちらは一部の装備を変更されたスカイウェイブ400Limited。まずスクリーンが大型スクリーンになり、防風性を大きく向上させています。前方からの走行風を大幅にカットしてくれる為、ライダーの快適性も当然良くなります。リアシートにはしっかりとしたバックレストが付属する為、同乗者も長時間のライディングを過ごし易くなっています。大きく伸びたスクリーンは同乗者もサポートし、ライダー2人が快適にツーリングするという点では理想的なパッケージと言えます。グリップヒーター、ハンドガードと言った装備で冬季の運転も快適です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキ スカイウェイブ250

ヤマハ マジェスティ

ヤマハ TMAX530

スズキのバイク一覧