読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ バンディット1250Fはここが凄い!!

スズキ バンディット1250F

スズキの大排気量フルカウルツアラー、バンディット1250F。ネイキッドやハーフカウル等複数モデルが有るバンディット1250の中でもFモデルはしっかりとしたフルカウルが装備されているのが特徴です。

完成度の高いフルカウルツアラー

スズキ バンディット1250F

バンディット1250は以前は油冷エンジンを搭載していましたが、2007年に排ガス規制により水冷エンジンに切り替わっています。また2010年以降、GSXーRをモチーフにした現行バンディット1250Fが発売されました。特徴的なカウル類はSSベースだけ有り、スポーティにまとめられていますね。風洞実験も行っていますから、実際の防風性能もバッチリです。一方で荷掛けフックやセンタースタンド等、日常の使用に配慮されており、普段使いのバイクとして使いやすく設計されています。ポジションはネイキッドベースの為に比較的アップライトです。シートは790mmから810mmの調整式で、ハンドルもバーハンドルで高くしていますから、長時間のライディングの疲労感を適度に抑えています。またツアラーらしくタンク容量19Lと非常に大きく、フル給油からの走行可能な距離が長いのも特徴です。

スズキ バンディット1250F

搭載されているエンジンは1254ccの水冷4ストローク直列4気筒。このモデルから排気量は若干増加しています。ボアストロークは79mm×64mm、圧縮比は10.5:1です。最大出力は100馬力/7500回転、最大トルクは10.9kg-m/3500回転となっています。流石にGSX-R1000の様な超ハイパワーというわけにはいきませんが、一般道で使う分には十分過ぎる数字ですね。トランスミッションは高速でもエンジン音が煩くならない様、6速MTを使用しています。シリンダーには放熱性に優れるSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダー、クランクシャフトには2次バランサーを付けて振動の少ない4気筒を更に低振動に抑えています。FIにはSDTV(Suzuki Dual Throttle Valve)が設けられ、スロットル操作でダイレクトに動くバルブと、ECUで制御されるサブバルブが組み合わさることで、よりリニアなエンジンレスポンスを実現しました。フレームはダブルクレードルフレームになっています。新車相場で約110万円程と、リッターオーバーのバイクとしては手が届きやすい価格もポイントです。フルカウルの為、高速道路でもライダーが疲れ難く、サーキットよりは週末のツーリングの方が似合うバイクと言えるでしょう。フルカウルのスタイルは好きでも前傾ポジションは辛い…というライダーにも適しています。

関連記事

ホンダ VFR1200F

ヤマハ XJR1300

カワサキ ZRX1200

BMW R1200RS

スズキのバイク一覧