UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

リエフ MARATHON125 PROはここが凄い!!

Sponsored Link

リエフ MARATHON125 PRO

MARATHON125 ACの上位モデル、MARATHON125 PRO。装備の刷新で走行性能は更に高くなり、より過酷なオフロードシーンにも対応出来るハイクオリティなマシンです。

オンオフを極める125ccオフロード&モタード

リエフ MARATHON125 PRO

こちらはMARATHON125 PROのオフロード仕様。土や泥の上でもグリップする様にブロックタイヤが標準装備されています。フロントフォークは上位モデルらしくマルゾッキ製のφ40倒立フォーク。アルミのハンドルバーにはDominoのグリップを合わせています。ホイールはフロント21インチ、リア18インチのスポークホイール。ブレーキはGalferのウェーブディスクを前300mm、後200mmでそれぞれ装備します。更にフロントにはAJPのキャリパーをラジアルマウントで装備し、PROらしく凝った内容に仕上がっています。

エンジンはヤマハ製の125cc4ストローク水冷単気筒エンジンを搭載しています。ボアストロークは52×58.6mmです。キャブレターはKEIHINの39Sを使用しています。最大出力は15馬力/8750回転と、現行125ccの限界ラインに達していますね。トルクに優れる単気筒の為、最大トルクは1.22kg-m/7750回転と十分な数字です。これでも物足りない方にはメーカーから180ccへのボアアップキットが販売されています。トランスミッションはPROでは6速化されているのも特徴です。車両重量は121kgとベースグレードよりも重くなっていますが、それでも市販125ccとしては軽量な部類になります。始動はセルスターターの為、初心者でも難なく始動させることが可能です。シート高890mmとかなり高い為、小排気量車と考えていると意外に足つきが辛いバイクですね。タンク容量も約6Lと小さく設計されており、あまり長距離ツーリングには向いていません。

 

リエフ MARATHON125 PRO SM

こちらはスーパーモタード仕様のMARATHON125 SM PRO。モタードバイクなのでホイールは前後17インチのキャストホイールにオンロードタイヤを装備します。スペック面では大きな変化は無く、車両重量も121kgとオフロード仕様と同等になっています。外見的な差異は少ないですが、こちらはホイールの換装で870mmにシートを落としています。オプションですが、アルミのエンジンガードが設定されているので、モタードバイクとしてハードに使用される方は一応装備しておいた方が無難でしょう。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

リエフ MARATHON125 AC

ヤマハ WR125X

カワサキ D-Tracker125

デルビ Senda DRD125

リエフのバイク一覧