読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

HJCというヘルメットメーカーについてわかりやすくまとめる

f:id:Rustyman:20160917224510j:plain

HJC、というとライダー以外には通用しないブランドなので、正直AraiやSHOEIに比べるとそっけない扱いを受けることが多いです。国内での存在感は4番手、5番手くらいでしょうか。そこで今回はこのHJCについて詳しくまとめたいと思います。

そもそも何処のメーカー?

売り文句の全米人気No.1が目立っていますが、HJCは韓国のメーカーです。ちなみに韓国製バイクは日本ではあまり知られていませんが、ヒョースンが有名ですね。間際らしいですが、キムコは台湾のメーカーで、韓国では有りません。

トップライダーも使っている

f:id:Rustyman:20160917223136j:plain

バイクレース最高峰のMotoGP(自動車のF1相当)のライダーとも契約しており、2015年のシリーズチャンピオン、ホルヘ・ロレンソ選手のヘルメットもHJCの物でした。額にばっちりHJCのロゴが入っています。

 

ちなみに一般ライダー向けのレプリカモデルも販売されています。ロレンソ選手の場合、頭に大きなペケ印が有るのが特徴です。ライダーが大好きなモンスターのロゴも入っており、見た目は中々派手なモデルとなっています。最新のエアロフォルムや、防臭加工の内装、衝撃吸収性の高い外装と作りが豪華な為、HJCのラインナップ中でもかなり高く、定価6万円オーバーの大物です。

かなり安いモデルも存在する

HJCのヘルメットはエントリークラスの値段がかなり安く設定されています。一万円半ばでしっかりペイントされたオフロードヘルメットが買えるので、急遽オフロードバイクを購入して予算が心許ない時等、有り難い存在ですね。勿論フルフェイスでも1万円台で買える物が有り、印象としてそこまで敷居の高いメーカーでは有りません。

グラフィックモデルの質も高い

個人的HJCで評価しているのはここです。無地のシンプルな物より、ペイントが施されポップ、あるいはスポーティになったヘルメットのクオリティが高いです。上のHJH095も、一見ダークトーンでまとめられたシックなモデルですが、ぎらついた強い艶感と紫のカラーが上手くマッチした大人好みのカラーです。

 

f:id:Rustyman:20160917222428j:plain

光が当たると中々主張の強い仕上げになっていることがわかります。こうしたペイントモデルに関しては、他のメーカーと比べても良い勝負しています。比較的安価なモデルでもカラーリングはしっかりしていて、子供っぽく感じる様なカラーは有りません。

実はOEM製品も作っている

ヘルメットメーカーとしてOEM製品も供給しています。コスト面・品質面でも一定の評価を受けている証拠ですね。国内で言うとヤマハのワイズギアで取扱われているヘルメットにHJCのヘルメットが含まれています。人によっては知らずに内にHJCの製品を使用している可能性も有りますね。