読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ GSX-R125はここが凄い!!

f:id:Rustyman:20161225004353j:plain
Illustration by 神崎

スズキが250ccでSSを出すらしき噂はかなり前から有りましたが、まさか125ccクラスを先に投入するとは良い意味で予想外でした。それもYZF-R125RC125を仮想敵にする本格的なスポーツバイクです。

クラス最強を狙うスズキの125ccバイク

スズキ GSX-R125

125ccのスポーツバイクというのは、現行スズキのラインナップから欠けていた部分で、ラインナップを補完する一台としては非常に魅力的です。それもコスト重視のそれなりの性能ではなく、クラス最高を目指した本格派で、スズキファンには嬉しい一台と言えます。

 

suzuki gsx-r125

GSX-R125のスタイリングは今時のスズキらしい鋭い単眼ライトかと思いきや、正面から見るとGSX-R750等の往年の角目レーサーの雰囲気も若干残しています。しかも125ccとしては珍しいLEDが奢られた仕様です。MotoGPカラーの施されたフルカウルも空力特性を重視し、限られたパワーで最大の加速性能を発揮出来る様に設計されています。

 

スズキ GSX-R125

サスペンションはフロントが正立式テレスコピックフォーク、リアはリンク式のモノショックとスポーツバイクとしてはスタンダードな内容となっています。ブレーキも最初から前後ディスクブレーキで、アジア向けに販売されているGIXXER SF等に比べると走行性能重視なのは明らかです。

 

スズキ GSX-R125

ホイールは前後17インチ。タイヤはフロントが90/80-17、リア130/70-17となっています。フロントはやや細めで、ハンドリングは軽快感が有りそうですね。タイヤはこのサイズならDUNLOPのTT900GP等、ハイグリップなタイヤが履けるので、国内のスポーツユーザーでも不足は有りません。

 

suzuki gsx-r125

ポジション的にはシート高に対し、ハンドル高の低いSSらしいポジションになっています。シート高は785mmとレーサー並の高さが多いこのクラスでは異例の優しい数字です。これなら日本人でも足付きにそれほど不安を感じないでしょう。ホイールベースはかなり短い1300mmで、ワインディングの様な低速コーナーの続く道でも十分な旋回性を発揮してくれます。GSX-R125は小排気量モデルの為、全体的にコンパクトなボディはエントリーユーザーにも自在に操る楽しさを感じさせてくれそうです。

 

スズキ GSX-R125

エンジンは125ccの4ストローク水冷単気筒。スズキはこのクラスのスポーツバイクに空冷エンジンを使うケースも有る中、しっかりと水冷化されています。エンジン出力は不明ですが、125ccSSのまとまった需要の有るヨーロッパで販売するなら、免許制度の都合から15馬力に合わせてくるかと思います。馬力的には比較的達成が容易な為、大きく差別化出来ませんが、スズキはパワーウェイトレシオに優れるマシンにすると言っていますので、それならマシンの軽量化というスズキの得意分野で勝負することになります。ホイールもエントリークラスとしては豪華なアルミホイールですし、このクラスで最高のマシンを、というスズキの意気込みが感じられます。燃料供給はFIの為、国内の規制もクリアできそうです。トランスミッションは6速MTを採用しています。

 

スズキ GSX-R125

小排気量クラスであまり存在感を発揮できていなかったスズキですが、久しぶりに面白いマシンが出てきました。ただYZF-R125等と競合するだけの性能、おまけにキーレスシステム等高機能にまとめたので、実際の価格がとんでもないことになりそうですが…。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキのバイク一覧

ヤマハ YZF-R125

ホンダ CBR125R

KTM RC125

アプリリア RS4 125

デルビ GPR125

リエフ RS3 125