UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ GSX-S750はここが凄い!!

Sponsored Link

スズキ GSX-S750
Illustration by SuGi

スズキからGSR750のマイナーチェンジとしてGSX-S750が発表されました。現行GSRシリーズは徐々にGSX-S名義に置き換わっていく様ですので、この流れは他のモデルにも続いていきそうです。

GSX-Sシリーズのナナハンネイキッド

スズキ GSX-S750

スタイリングはGSR750をベースにGSX-S1000のエッセンスを加える形で改修されています。野獣をイメージリソースにライトやシュラウド、タンクの形状変更、それにアンダーカウルも追加され、スズキらしいエッジの立ったストリートファイターに仕上がりました。アルミ製のペダル等黒い塗装を増やして、パッと見の威圧感の様なものを重視しています。デザイン的にはGSR750の正統進化版といった感じですね。

 

スズキ GSX-S750

サスペンションはKYB製φ41の倒立フォーク。メタリックトリトンブルーの車体色とゴールドのフォークが良くマッチしています。スイングアームも形状変更し、GSR750で言われていた角材っぽさを適度に軽減してくれているのが特徴です。ブレーキはフロント2枚、リア1枚のディスクブレーキにNISSIN製のキャリパーを装備しています。スポーツバイクらしく剛性の高いラジアルマウントでキャリパーを保持しており、ワインディングで元気良く乗り回しても快適な足回りです。ホイールは前後17インチのアルミホイール。タイヤは120/70-17、180/55-17とこれらのスペックはGSR750と同等です。ただしホイールのデザインは10本スポークになり、以前よりもスポーティな雰囲気が増しました。

 

スズキ GSX-S750

GSX-S750でも、GSX-R750ベースの749cc4ストローク水冷4気筒エンジンは健在です。ボアストロークは72mm×46mm、圧縮比は12.3:1となっています。最大出力は112馬力となっていますが、海外仕様と同等のまま発売されれば、GSR750よりもわずかにパワーアップすることになります。もっとも上昇値自体はそれほど大きくないので体感ではっきりとわかる程ではないかもしれません。ギア比に関しては、ファイナルギアの調整でトップスピードを大きく損なわない程度に加速寄りの調整が行われました。

 

スズキ GSX-S750

電子制御面では、GSX-S1000に続き、3モードのトラクションコントロールが追加され、ABSとセットで前後のタイヤのグリップをマシンの側でも管理してくれる仕様です。ハンドル左のスイッチでモード切替を行えば、幅広い路面やシチュエーションに対応可能です。更にGSX-S750ではアイドルスピードコントロールが付いた事で、真冬や寒冷地でのエンジンストールを防いでくれます。車重は213kgと大きな変更は無く、スポーツバイクとしては手頃な車重に収まっています。燃料タンクは16Lと、形状変更に伴い1L小さくなっていますが、それでもツーリングに十分使えるサイズとなっています。

より野生的な見た目に生まれ変わったGSX-S750は、ストリートでの普段使いから週末のワインディングまで存分に楽しませてくれそうです。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

スズキのバイク一覧

カワサキ Z800