読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ MT-09 2017はここが凄い!!

ヤマハ MT-09 2017

近年のヤマハのラインナップの中でも人気モデルだったMT-09が、2017年モデルより外観も様変わりしパワーアップすることになりました。より先進的なストリートファイターとしてまだまだ多くのライダーを楽しませてくれそうです。

更に迫力を増したヤマハのストリートファイター

ヤマハ MT-09 2017

2017年モデルではヘッドライトのデザインをMT-10に近いLEDの2眼ライトに変更しました。釣りあがった目はMT-09 Tracerに近い印象です。マスの集中化を意識した、車体中央にギュッと寄せたスタイルはそのままに、燃料タンクやラジエーターフィン等、造形も細かく変更しています。またナンバープレートの取り付け位置も、リアシートではなくリアホイールに設置する、欧米メーカーで取り入れられているスタイルをいち早く導入したのがポイントです。国産ネイキッドとしてはまだ珍しく、デザインにこだわりを持つヤマハならではの対応ですね。そのおかげでリアシート周りはフェンダーレス化した様なスッキリ感が出ています。足回りの41φフルアジャスタブル倒立フォークやリンク式のモノショック、デュアルディスクにラジアルマウントされたブレーキキャリパー等、走りを支えるパッケージは健在です。ストリートスポーツとしてより個性的なデザインになり、これからMT-09を買おうとしていた方には朗報と言えるでしょう。

 

ヤマハ MT-09 2017

エンジンは従来通り、クロスプレーンコンセプトに基づいて設計された847cc4ストローク水冷3気筒。ボアストローク、圧縮比はそのまま維持されています。最大出力も海外仕様で115馬力/10000回転とこれまでと同様の数字ですね。トラクションコントロールやABSを制御する3モードのライディングモードも変わらず導入されており、シチュエーションを選ばない使い易さを保っています。新型ではシフトアップ時にアシストするクイックシフター、QSS(Quick Shift System)を搭載しています。車両重量は193kgと極わずか増加しています。スリッパークラッチを標準装備したことで、シフトダウン時もより安全になっています。燃料タンク容量は14Lと変わりません。全長、全高、ホイールベースと言った車体のサイズ感はほぼ同じです。ただシート高は820mmと5mm上がっており、足付きの余裕は若干減少したと言えるかもしれませんね。

スペック的には既にストリートでは十分過ぎる水準に達していましたが、今回のアップデートでより中身の完成度を高め、更に所有欲を満たすかっこ良さを身に付けました。本格的に国内導入されるのが楽しみな一台です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ヤマハのバイク一覧

ヤマハ MT-09 2013

ヤマハ XSR900

ホンダ NC750S

カワサキ Z800

スズキ GSR750

ドゥカティ モンスター821

BMW F800R

アプリリア SHIVER750

MV AGUSTA BRUTALE 800 DRAGSTER