UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

エネルジカ EVAはここが凄い!!

Sponsored Link

エネルジカ EVA

バッテリー駆動の市販車はまだまだ少数派ですが、イタリアのエネルジカはそんな数少ない例の一つです。このEVAは大型ストリートファイターとして、その強烈なトルクを街中でも自在に扱えるモデルに仕上げられています。

バッテリー駆動のストリートファイター

エネルジカ EVA

スタイリングはかなり独特な顔つきで、良い意味で他社としっかり差別化されています。仮面を思わせる様な複雑な造形の2眼ライトです。またバッテリーを保護する為、ネイキッドとはいえサイドカウルやアンダーカウルといったフェアリング類はしっかり装備されています。エアダクトが幾重にも入っていて、かなり斬新なデザインです。

サスペンションはフロントに43φの倒立フォーク、リアは同じくイタリアのBITUBOのモノショックを採用しています。ホイールは前後17インチのアルミキャストホイール、タイヤはフロント120/70-17、リア180/55-17のピレリ製DIABLO ROSSO IIが標準装備されます。ブレーキはフロントにBremboの4ピストンキャリパー、リアには同じBremboの2ピストンキャリパーを使用しています。ディスク径はフロント330mm、リア240mmとどちらもかなり大きいサイズです。

 

エネルジカ EVA

気になる最大出力は95馬力とやや低く感じるかもしれません。その代わりトルクが非常に高く17.3kg-mも有ります。ターボ過給のH2Rと同等の数字ですから、非常に強烈なトルクと言って良いでしょう。バッテリー駆動特有の高いトルクを活かした加速が存分に楽しめそうです。EVA自体の最高速は公称200kmと設定されています。またEVAはその構造上、ギアやクラッチを搭載しておらず、これらの機能は全てにECU制御されます。ライディングモードはURBAN、ECO、RAIN、SPORTの4つが用意された切り替え式です。都市部や降雨でも安心して乗れる様にパワーの調整が可能になっています。気になる充電時間ですが、フル充電に最長3.5時間を要する様です。自宅で充電しておくなら気になりませんが、旅先で充電となるとちょっと長いかもしれないですね。そういう場合は急速充電にも対応しているので安心です。フレームはスチール製のトラスフレーム、デザインも凝ったこのスイングアームはアルミ製になっています。シート高はネイキッドらしく低めの795mmです。オプション品として積載性を高めるサイドバッグとタンクバッグ、運動性を高めるオーリンズのサスペンション、そしてカーボンフェンダー等見た目もレーシーなカーボンパーツが用意されています。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

ENERGICAのバイク一覧

ホンダ CB1000R

ヤマハ MT-10

スズキ GSX-S1000

カワサキ Z1000

BMW S1000R

アプリリア TUONO V4