UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CB650F 2017はここが凄い!!

Sponsored Link

ホンダ CB650F 2017

ホンダのミドルクラスネイキッドCB650Fも2017年でマイナーチェンジを行われることが決まっています。日本国内ではあまり注目度の高い車種では有りませんが、エンジン性能もアップし、よりスポーティさを強調しています。

新型のCB650Fはより洗練された足回りとエンジンが魅力

ホンダ CB650F 2017

CBR650Fの場合もそうでしたが、見た目は正直そこまで新型と旧型の差が無い状態です。外装部分ではヘッドライトのLED化に加え、シュラウドやマフラー等の形状が変更されています。特にシュラウドはラジエーター周りがカットされ、その分エンジンの露出が大きくなった様に感じます。他社製ネイキッドのデザインがどんどん進化する中、もう一層様変わりしても良かったのでは、と感じるほど先代の雰囲気を残しています。

CB650Fのサスペンションは、新型CBR650F同様、φ41のSHOWA製デュアルベンディングバルブフォークを採用しています。ホイールは前後17インチのアルミホイール。ブレーキディスクは320mmと240mmを組み合わせ、新型のNISSIN製キャリパーを装備しています。ホンダからは、フォークとキャリパー部分の刷新で、より高いコーナーリング性能を獲得しているとのことです。ABSも標準装備され、雨天時などの安全性を高めています。

 

ホンダ CB650F 2017

新型CB650Fのエンジンは648cc4ストローク水冷直列4気筒。複雑にうねるエキゾーストパイプは、往年のCB400を意識している様です。最大出力は89.8馬力/11000回転となっています。給排気系のアップデートにより、回転の上昇もより鋭くスポーティさを感じる物へ進化しています。ギア比もショートレシオ化され、以前より加速感を高める工夫が為されています。車両重量は207kgと、フルカウルのCBR650Fよりはわずかに軽く、バーハンドルで車体を押さえつけ易い点も考慮すると、街乗りでの軽快さをこちらの方が感じ易いかと思います。ポジションもこちらの方がわずかに上半身の起きるアップライトなポジションで、普段の使用時の快適性に優れています。

 

www.youtube.com

このくらいの排気量ですと、400cc以下のバイクからのステップアップにも丁度良く、またあまり違和感が無いので最初の大型バイクとしておすすめしやすいです。見た目も最新のストリートファイタースタイルを踏襲しつつ、コンパクトで無駄が無いので、流行のネイキッドバイクを体感したい人にも向いています。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

ホンダのバイク一覧に戻る

ヤマハ MT-07