読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ドゥカティ Monster797はここが凄い!!

ドゥカティ Monster797

ドゥカティのネイキッドバイク、Monsterシリーズに新たなエントリークラスのモデルMonster797が追加されました。803ccの程好い排気量で、ドゥカティの入門機としても最適なバイクに設計されています。

楽しさを追求したミドルクラスモンスター

ドゥカティ Monster797

Monster797は他のモンスターシリーズ同様、大振りな丸目一灯のヘッドライトやインパクトの有るトラスフレームといった特徴を踏襲しています。この外見が気になっていてもあまり大きくて重いのは…という方にはかなり適した一台となるでしょう。デザイン的にはドゥカティらしくクラシックとモダンをバランス良くミックスしているので、往年のバイクファンにも違和感無く乗って頂けます。

 

ドゥカティ Monster797

L型エンジン特有のうねる様なエキゾーストパイプや、イタリア車らしい大胆な配色で街中での目立ち度も高い一台です。エントリークラスながら所有した時の満足感は十分得られる様になっています。またリアシートはシングルシートカウルで覆われてはいないので、タンデム走行も問題有りません。

 

ドゥカティ Monster797

フロントはKYB製φ43の倒立フォークとBremboの4ピストンモノブロックキャリパーを組み合わせることで、走行安定性と高い制動力を両立しています。スポーツ走行も十分こなせる足回りとなっています。

 

ドゥカティ Monster797

リアサスペンションはザックス製のモノショックを車体左側に寄せて装着するレイアウトを採用しています。ブレーキはフロント同様Bremboの1ピストンキャリパーを搭載し、245mmのブレーキディスクとセットになっています。またMonster797はABSが標準装備されている為、ハードブレーキング時のホイールロックも回避する仕組みです。

ホイールは前後17インチにピレリのディアブロロッソ2を履いています。スイングアームはドゥカティはレーシーな片持ち仕様とすることが多いですが、Monster797では両持ちとなっています。

 

ドゥカティ Monster797

エンジンは803cc空冷L型2気筒を搭載しています。ボアストロークは88mm×66mm、圧縮比は11.0:1に設計されています。燃料タンクは16.5Lと大きめのタンクを使用します。ドゥカティのラインナップも水冷エンジンモデルに移行している中、2016年に新たに空冷エンジンのバイクが追加されたというのは意外ですね。最大出力は75馬力/8250回転とエントリークラスらしく適度な数字に調整されています。車両重量は193kgです。従来のドゥカティのラインナップには排気量で近いMonster821が有ったのですが、こちらに比べると出力で約26馬力ダウン、車両重量は約12kg軽くなり、更にホイールベースも45mm短くなっています。その為ドゥカティのバイクの中でも扱い易さとコーナーリングにおける軽快さを感じ易いモデルとして完成されています。シート高も805mmと大型バイクとしては低めに設計され、ユーザーフレンドリーさの光るバイクです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

Ducatiのバイク一覧

Ducati Monster821

ホンダ NC750S

ヤマハ XSR900

スズキ GSR750

カワサキ Z800