読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ FZ25はここが凄い‼︎

ヤマハ FZ25

ヤマハからインド向けに新型の250ccネイキッドバイク、FZ25が発表されました。同じクラスのMT-25に比べるとより低価格で、多くの方に楽しんで頂けるエントリーモデルとして仕上げられています。ただし、販売台数の多い激戦区向けということもあり、装備面はかなり本格的な印象です。

BLUE CORE搭載の250ccネイキッド

ヤマハ FZ25

FZ25はスタイリッシュなネイキッドスタイルに、独特なリアフェンダー等ヤマハらしい凝った意匠を盛り込んでいます。ヘッドライトも前後LED化されており、異形ライトと合わせて中々洗練された雰囲気のネイキッドバイクですね。メーターもシンプルなデジタルメーターを採用し、今風に作られています。

サスペンションは正立式のφ41テレスコピックフォークで、ヤマハロゴのおかげで中々見栄えがします。
ブレーキは前後シングルディスクブレーキ仕様、フロント282mm、リア220mmの小排気量車としては大径なディスクを装備します。ホイールは前後17インチのキャストホイールで、タイヤサイズはフロント100/80-17、リア140/70-17と太めのチューブレスタイヤを装着しています。

新型の249cc空冷エンジン

FZ25のエンジンは249ccの空冷単気筒エンジンということで、MT-25とはかなり仕様が異なります。ボアストロークは74mm×58mm、圧縮比は9.8:1です。最大出力は20馬力/8000回転、最大トルクは2.0kg-m/6000回転と高回転高出力志向のMT-25よりはだいぶ大人しい印象です。トルクは単気筒故に太めで、低速での力強さは十分といった感じです。今回使用されたエンジンは新開発されたBLUE COREエンジンです。BLUE COREエンジン自体は既にトリシティやN-MAXといったスクーターに搭載され、低燃費性と走りの良さのバランスを実現しています。43km/Lの燃費、加えて14Lとタンク容量が大きく航続距離の長いマシンに仕上がっています。燃料供給はFI、始動はセルスターター式、トランスミッションは5速MTが組み合わされています。
また単気筒バイクのため、車両重量が148kgと非常に軽量なことが特徴です。2気筒のMT-25に比べると20kg近く軽いので、軽快さを好むライダーには受け入れられやすいでしょう。シート高は795mmと、これも小柄なライダーでも無理のない範囲に設計されています。
価格的には約20万円ほどに設定されていますが、アジア向けに見られる様な安っぽさを感じないヤマハの作り込みを感じます。

関連記事

ヤマハのバイク一覧

ヤマハ MT-25

ヤマハ MT-03

スズキ ジクサー