読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

BIMOTA Impetoはここが凄い‼︎

BIMOTA Impeto

ストリートファイターのDB9やTESIと平行する形で、ビモータはクラシカルなネイキッドもラインナップに加えています。それでも他と比べて明らかに独特な雰囲気を持つビモータらしい解釈がなされています。

スーパーチャージャーにも対応したモンスターネイキッド

BIMOTA Impeto

デザインはシンプルな丸目ライトでクラシカルな雰囲気にしつつ、フレーム造形やビモータらしい配色のおかげでスポーティさの際立つものになっています。うねるようなサイレンサーの形状等、保守的な枠に収まらない攻めのデザインです。またシートも800mmの高さで座りやすさも悪く有りません。

 

BIMOTA Impeto

サスペンションはフロントにゴールドがまぶしいオーリンズのφ43倒立フォーク、リアに同じオーリンズのモノショックを採用します。ブレーキはフロントに320mmのダブルディスク、リアに220mmのシングルディスクを使用し、Bremboのブレーキキャリパーで固めています。ホイールは17インチ、タイヤはフロント120/70-17、リア190/55-17です。Impetoはパワー重視のマシンの為、リアタイヤは太めのサイズを選択しています。

 

BIMOTA Impeto

エンジンは1198ccの4バルブデスモドロミック水冷L型2気筒を搭載しています。これは同じくドゥカティの大型ネイキッドバイクのディアベルの物が使われています。ボアストロークは106mm×67.9mm、圧縮比は12.5:1です。最大出力は162馬力/9250回転、最大トルクは13.30kg-m/8000回転と見た目通りの高出力ぶりですね。特徴的なのはオプションにSprintex製のスーパーチャージャーキットが用意されており、過給により更に出力を高めることが出来る点です。過給時は180馬力まで出力が高まり、スーパースポーツ級のハイパワーマシンとなります。高出力高トルクを重視しているので、トラクションコントロール等ライダーをサポートする電子制御も内蔵されています。フレームはクロモリのトラスフレームにアルミのサイドプレートを組み合わせた複合フレームです。軽量パーツとしてカーボンファイバー製のフレームとスイングアームが提供されています。ベースモデルでも乾燥重量177kgと運動性を重視した軽めの車体になっているので、元気良く走りたいネイキッドライダーの要求を満たすバイクと言えます。価格は400万円強と非常に高価ですが、所有した時の満足感も相対的に高いです。

関連記事

BIMOTAのバイク一覧

ヤマハ VMAX

ハーレーダビッドソン XL1200CX

MV AGUSTA ブルターレ1090