読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ Vario150はここが凄い!!

ホンダ Vario150

Vario150は、日本でも人気のホンダ製スクーターPCXの兄弟に当たるスクーターです。PCXとはひと味違うスマートな見た目の一台で、いかにも最新のバイクらしいデザインにまとめられています。

ホンダ Vario150

スタイリングはボリューミーなPCXに比べると従来のスクーターのスタイルを踏襲した物になっています。ただし古臭さは無く、同じホンダのリード等に比べても若者に受けそうな攻めたデザインを採用したのがポイントです。

 

ホンダ Vario150

PCXとVarioを前にレプソルホンダのマルケスとペドロサの2ショット。並べてみると適度なボリュームを持ったPCXとスッキリ細身なVarioの差が良くわかります。ビッグスクーターのスタイルに憧れる方はPCXの方が魅力的に感じると思いますが、軽快なスクーターらしい見た目のVarioも悪く有りません。

機能的にはPCXと同等の装備が導入されており、エコロジーなアイドリングストップ機能や、前後のブレーキの制動力を制御するコンビブレーキ等、小排気量のスクーターでも充実しています。シート下のラゲッジスペースは18LでこれはPCXに比べるとかなり小さいですね。ヘルメット一つがギリギリ収まるくらいの容量になっています。
サスペンションはPCX同様、フロントのテレスコピック式正立フォークにリアのユニットスイング式サスペンション。ホイールは前後14インチで、Varioの方はよりスポーツバイク的なデザインの物を使用しています。タイヤサイズは80/90-14、90/90-14です。

 

ホンダ Vario150

エンジンは小型スクーター用の149.3ccのeSPエンジンを搭載しています。ボアストロークは57.3mm×57.9mm、圧縮比は10.6:1です。最大出力は12.6馬力/8500回転、最大トルクは1.30kg・m/5000回転とPCXをごくわずか下回る数値です。

 

ホンダ Vario150

eSPエンジンは限られた排気量で出力の向上と燃費の良さを追求したエンジンで、低速トルクが大きい分だけ常用する回転数を低く抑えています。吸気ポートの形状の見直し、更に燃焼室にスキッシュと呼ばれる溝を作ることで高速かつスムーズな燃焼を実現しました。エンジン稼働時のピストン部分のフリクションロスを低減する為、オフセットシリンダーを採用したことで高速で駆動するピストンの摩擦抵抗を下げています。またピストンと接するシリンダーには冷却性に優れるスパイニースリーブを採用したことで、オイル抵抗も少ないエンジンです。

バイクとしては珍しいアイドリングストップ機能を搭載したことも燃費が向上した大きな要因で、特にストップ&ゴーの多い町中での燃費を大きく改善しています。

燃料タンクは5.5LとPCXと比べると若干小さいタンクですが、このクラスのエンジンは燃費の良さでそれをカバーすることが出来ます。車体サイズは1921mm×683mm×1096mmで、PCXよりわずかに小ぶりのサイズ感です。Varioは日本にも若干ですが入ってきており、150ccクラスでかっこいいスクーターの欲しい方向きの一台と言えます。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ PCX

ホンダ PCX150

ヤマハ マジェスティS

ヤマハ NMAX

スズキ バーグマン200