UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ GSR250/S/Fのスペックはここが凄い!

Sponsored Link

スズキ GSR250/S/F

中国ではGW250の名前で親しまれているGSR250。元々は中国向けのネイキッドバイクの中の1台でしたが、発売と同時に中国国外でも評判になりグローバルモデルに昇格しました。

最新のスタイルを纏うGSR兄弟の末弟

GSR250はB-KINGやGSR750、GSR400等、他の兄弟同様にスズキの最新のネイキッドスタイルを継承しています。特にB-KINGを意識したとスズキは解説しています。ネイキッドバイクなので比較的シンプルな見た目ですが、ウインカーも埋設式にされていたり、ギュッと固めた様な強面のヘッドライトが高い質感を演出しています。車体が大柄に見える為、サイドから見ると純正マフラーだけイマイチボリューム感に欠けるかも知れません。2本出しマフラーなので後方からのルックスは良いのですが…。GSR250は写真で見るより実車の方がかっこ良かったと良く言われます。

エンジンは250cc並列2気筒エンジンを搭載しています。元々本格的なスポーツバイクという位置づけでは無かったので馬力は24馬力と控えめです。国内の競合としてはVTR250が30馬力ですから、馬力重視の方には低く映るかもしれません。GSR250の場合、ピークパワーを追求するよりも街乗り等で多用する低い回転数での力強さを重視して、敢えてトルクに優れるロングストロークエンジンを搭載しました。排気量的に250ccは豊かな低速トルクを得る事が難しい為、普段使いでも乗り易く疲れないバイクを追求した結果がこの形です。重量は183kgと250ccとしてはやや重めですが、それに負けない力強いエンジンになっています。

燃費は公称40km/Lと2気筒車としては悪く有りません。価格も中国生産ということでグッと抑えられており、45万円と250ccの新車としては比較的入手しやすい価格となっています。

 

バリエーションモデルの紹介

スズキ GSR250/S/F

GSR250は複数のバリエーションモデルが設定されており、これもその一つ。ハーフカウルの付いたGSR250SはネイキッドのGSR250よりも更にアップライトなポジションに修正することで乗り心地を快適にしています。当然そのままでは走行風がライダーに激しくぶつかるため、特徴的な長めのスクリーンを配置し、それを防いでいます。快適性たっぷりですが、反面非常に癖の強いスタイルが強調される結果となりました。価格で約5万円ほどアップしますが、長距離が疲れにくいのは断然こちらです。

 

スズキ GSR250/S/F

こちらはサイドカウルも大型化し、フルカウルらしくなったGSR250F。微妙にスクリーンの角度が違うのにお気づきでしょうか?GSR250Fの方がスクリーンを短く、寝かすことでスポーティな外観に仕上げています。ハンドル位置も下げられており、姿勢は気持ち前傾寄りです。カウル付きらしいスポーツ性も求めるならGSR250Fがおすすめです。

SもFも小排気量のスポーツツアラーとして非常に良く考えられており、後部にトップケースやサイドバッグを搭載することで、お手頃な旅バイク仕様とすることが出来ます。特にFは現行250ccフルカウルの中でも随一のツアラー型バイクです。高い走行性能を求める方にはいまいちかもしれませんが、遠方地へのツーリングの適性は250ccの中ではトップクラスです。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事 

スズキのバイク一覧

ヤマハ MT-25