読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ ST250 Eタイプはここが凄い!!

スズキ ST250 Eタイプ

スズキの250ccネイキッドバイク、ST250 Eタイプ。同社のグラストラッカー等に比べると正統派なネイキッドで、クラシックな雰囲気も抜群です。

スズキのレトロなネイキッドバイク

スズキ ST250 Eタイプ

ST250Eのスタイリングは伝統的なネイキッドバイクのそれで、年々スタイリッシュな方向へ向かっている現代のバイクに比べると、写真の様にカジュアルな装いが似合うバイクです。また極端に性能重視な設計でも有りませんし、気負わず乗れるバイクとしてもおすすめすることが出来ます。元々ST250にはベースグレードと、装備を豪華にした上位グレードのEタイプが存在していましたが、今ではEタイプのみを販売している状況です。

シート高は770mmと低く設計されおり、停車時もしっかり足が付いて車体を支えることが可能です。シートも比較的フラットで、タンデム走行をしやすい形状ですね。ポジションはシートに比べハンドルが高いアップライトなポジションで、非常にリラックスした姿勢です。走行風が辛い場合は、スクリーンを追加するのが良いでしょう。

サスペンションはフロントに正立フォーク、リアにツインサスを採用しています。ブレーキはフロント側にディスクブレーキ、リアはドラム式とこれもネイキッドらしいスタイルを取っています。単気筒バイクの為、エキゾーストパイプは1本のみとシンプルですが、まっすぐ伸びるマフラーにはクロームメッキが施され、適度に高級感を演出しています。その他、ヘッドライトやホイールのリム、スポークにもメッキ処理が施されて強い光沢を放っています。ホイールは前後18インチのスポークホイールです。キャストホイールに比べると、ホイールの衝撃吸収性が高い仕様です。タイヤサイズはフロント90/90-18、リア110/90-18となっています。新車価格は約50万とスズキの250ccバイクの中でもやや高価な部類ですが、モデルサイクルも長いですし、気になる方は中古でもう少しお安く購入することも容易になっています。

 

スズキ ST250 Eタイプ

ST250 Eタイプのエンジンは249ccの空冷単気筒。空冷エンジンの為、放熱用のフィンが設けられており、空冷独特の美しさを持っています。またシリンダーもSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダーのおかげで放熱性が高く、高耐久な仕様です。燃料供給にはFIを使用します。最大出力は19馬力/7500回転で、扱い易いほどほどの数字です。単気筒エンジンですから、比較的低い回転数からパワーが出てくるのが特徴ですね。車両重量は146kgとかなり軽い為、ハンドリングも軽快感が有ります。燃料タンク12Lと、グラストラッカーに比べればかなり余裕が有り、ちょっとしたツーリングにも使いやすいのはST250の方です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキのバイク一覧

スズキ グラストラッカー

ホンダ VTR

ヤマハ SR400