読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

KTM RC390のスペックはここが凄い!

KTM RC390

KTMが誇る単気筒SS、RCシリーズ中の最大排気量モデルであるRC390。選択肢の少なくなった400ccクラスのSSの中でも潔い程スポーツ性の向上に振られた貴重なモデルです。

373ccの単気筒SS

KTM RC390

スタイリングの特徴としては、まず小振りな丸目2灯でSSらしい戦闘的な雰囲気を表現しています。カウル形状も車体を綺麗に覆うスポーティな物で、レーサー然としたスタイルを好む方にはとても良い形状をしています。その下に走るオレンジのトラスフレームも非常に美しく網目を作っており、全体を上手く引き立てていますね。リアシートもシングルカウルを模した綺麗なラインを作っており、全体的にレーサーレプリカとして上手くまとめられています。

エンジンは390DUKEにも使われた373ccの水冷単気筒を積んでいます。最大出力で44馬力/9500回転と、大きい排気量の単気筒の割には良く回るなという数字です。往年の2ストロークレプリカ世代にはやや馬力面で寂しいかもしれませんが、一部の例外を除き今は何処もこのくらいになっています。RC390ではスリッパークラッチを採用しており、一気にシフトダウンした時にリアが暴れることを防止してくれます。過度なエンジンブレーキがかかると自動で半クラッチ状態にしてトルクを逃がしてくれる為、RC390が想定するサーキットでのハードな利用の際も転倒から守ってくれる仕組みです。アクセル操作もライド・バイ・ワイヤーを採用したことで、ライダーのアクセル操作の不足をECU側で補正される様になっています。

ポジションはDUKEに比べると格段にハンドル高が低くなりグッとSSらしいポジションになりました。それに合わせシート高も若干上昇しています。しかしスリムな単気筒エンジンをコンパクトな車体に搭載していますから、実物はライダーの掌にすっぽりと収まる様な丁度良さです。車重147kgと非常に軽く、普段のワインディングでも自在に曲げていける扱い易さを得ています。

価格は約66万円と、外車ということを考えればそこまで高くは無いイメージです。国産車でもこれより高いバイクがゴロゴロしているご時勢ですし、下位クラスと部品を共通化したことで上手くコストを抑えています。車検等入ってきますが、この作りから考えると極端に高いという物でもないです。実は上の写真はヨーロッパの排ガス規制のユーロ4に対応する為に、マフラーやサイドカウルの形状が変わっています。今後このスタイルに変わっていく様ですので、既存のダウンショートスタイルがお好きな方はお早めに。

KTM RC390

RC390に関しては、KTMよりRC390カップという形でワンメイクレースも開催されています。エントリークラスのレースとして若手ライダーの育成も兼ねており、勿論ここで優秀な成績を残せばKTMからのバックアップを受けられる様になります。KTM側ではライダーのキャリア形成に是非利用して欲しいとコメントしており、KTMが熾烈な争いを繰り広げているMoto3や、それより更に上位のレースにライダーが昇っていく足がかりとなると良いですね。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

KTMのバイク一覧

390DUKE

RC125

RC250