読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

カワサキ KLX250はここが凄い!!

カワサキ KLX250

カワサキの250ccオフロードとして活躍しているKLX250。先日生産終了が発表されましたが、本格的にオフロードを楽しめるカワサキ車として依然根強い人気を博している一台です。

ライムグリーンの250ccオフロード

カワサキ KLX250

デザイン的には最近のカワサキらしくスマートかつシャープな顔立ちで、ライバル達と比較してもかなりかっこ良くまとめられている様に思います。兄弟のD-Tracker X共々、適度に垢抜けた表情がポイントですね。見た目に関してはかなり意欲的な印象を受けます。

メーターはタコメーター付きのデジタルメーターを採用していますから、きっちりエンジンを回してあげることが出来ます。燃料タンクは7.7Lとライバルとほぼ同水準ですが余裕の有る容量ではないので、山へ入る方はトリップメーターでしっかり管理してあげて下さい。フロントフォークはオフロード車らしくしっかり倒立フォークになっていますし、無駄の無いスリムなスイングアームは軽量なアルミで出来ています。前後輪ウェーブディスクで見た目の印象も中々です。写真ではアンダーガードは付属していませんが、KLX250ならオフロード用装備は問題無く揃います。好みでアンダーガードやハンドルガード等装備を追加して楽しんで下さい。

 

カワサキ KLX250

KLX250に搭載されたエンジンは249cc水冷単気筒、このクラスのスタンダードな内容です。始動方法もセル始動になっていますから、ボタン一発ですぐかかります。インジェクションと合わせ、現代のバイクらしく手間いらずな設計です。ピークパワー24馬力/9000回転とWR250R程では有りませんが、このクラス2番手と健闘しています。公道用の2stオフロード車が無くなった現在でも、闘う4stの名前は健在ですね。実際の所、最初の内は24馬力でもオフロードで全開にするのは慣れが必要ですし、かといって過剰過ぎるでも無いほどほどの良い数字をしています。トランスミッションが6速というのもオンロードを走行する公道向けも出るとしては嬉しいところです。250cc単気筒では、最高速は120kmそこそこなので回転数を落として静かに走るには6速ギアが有ると非常に有り難いですね。

ホイールのサイズはフロント21インチ、リア18インチと本格的にオフロードを楽しめるサイズになっています。多少ぬかるんだ路面でもハンドルを取られにくく、高い走破性を発揮します。車重も136kgと抑えられていますから、ガレ場の様な荒れた路面に入ってもバランスは取り易いでしょう。ただしシート高は890mmと気持ち高めになっています。もしKLX250でどうしても足が付かない方はホンダCRF250Lヤマハセロー250辺りが良いかと思います。

 

カワサキ KLX250

カラーリングは現行のライムグリーンもスタイリッシュで非常におすすめですが、今ならフレームからサイドスタンドまでグリーン、シートはパープルと平成初期のレトロ感満載なFinal Editionも購入可能です。派手なデカールも一周回って新鮮な感じです。通な雰囲気を演出したい方にはぴったりですね。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

カワサキのバイク一覧

カワサキ KLX125

ヤマハ WR250R

スズキ DR-Z250