UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ MT-09 Sport Trackerはここが凄い!!

Sponsored Link

ヤマハ MT-09 Sport Tracker

ヤマハのMT-09をベースにダートトラッカー風の見た目に仕上げたMT-09 Sport Tracker。フラットダートでスライドしながら走行するのも似合いそうなタフなモデルです。

MT-09ベースのダートトラッカーカスタム

ヤマハ MT-09 Sport Tracker

通常のMT-09との相違点は、ライト上とリアシートのゼッケンプレート、小型化されたフェンダー、専用のタンクパッド等です。シートはStreet Rally同様フラットなシートで、849.5mmと高めになっています。ゼッケンプレートにはトップ画像の様に独自のナンバーを入れてもスポーティで面白いですね。ここではMT-09の(9)が使用されています。MTシリーズらしく、中央にギュッと寄せた密度感の高いフォルムがここでも活かされています。

 

ヤマハ MT-09 Sport Tracker

フェンダーが小型のカーボンフェンダーに交換された為、前からの雰囲気は気持ち引き締まって見えます。タイヤはMT-09と同様、オンロードタイヤを履いています。

MT-09 Sport Trackerのエンジンは847cc水冷3気筒。アルミダイキャスト製のダイヤモンドフレームにマウントされています。クロスプレーン・コンセプトに基づいて設計されたこのエンジンは、120度クランクによる等間隔爆発でエンジン内の慣性トルクを抑え、燃焼により発生するトルクのみを取り出すことを重点に置いています。エンジンのレスポンスに優れ、ライダーのアクセル開度とマシンの加速が揃うことで、ライディングにダイレクト感を加えています。3気筒という特性上、600ccクラスの4気筒と幅が同じくらいで、その為排気量の割にスリムな車体に仕上げられています。Sport Trackerでは、パワーは115馬力/10000回転とMT-09と同等になっています。最大トルク、ボアストローク比、圧縮比といったスペックも同じです。更にリアホイールの空転を察知して出力を制御するトラクションコントロールを装備しています。テールスライドを抑制出来る分、ツーリング時には安心ですし、あるいはこの見た目相応に派手なスライドを行うこともライダーの技量次第で可能です。

 

ヤマハ MT-09 Sport Tracker

バーハンドル中央にはブレースが標準装備され、走行中の剛性感は高そうです。一方で通常のユーザーはここにナビを増設したりと何かと応用の効くアイテムになります。

 

ヤマハ MT-09 Sport Tracker

Sport Trackerには専用のタンクパッドが付属し、体を固定出来る様になっています。何気に通常のMT-09には無い装備でメーカー純正だけあって見た目も良く、リーンアウトの姿勢で大胆にコーナーリングしても体を支えられるようになっています。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

ヤマハのバイク一覧

ドゥカティ ハイパーモタード939