読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

カワサキ Ninja400はここが凄い!!

カワサキ Ninja400

カワサキの400ccスポーツフルカウル、Ninja400。Ninja650から排気量ダウンしたものですが、ツアラーとして非常に良く出来たパッケージで、洗練されたスタイリングで400ccの中でも人気の有るバイクです。

カワサキが誇る400ccフルカウル

カワサキ Ninja400

国内では免許制度の都合上、650で販売するよりは400の方が需要が有るので、エンジンの排気量を落として対応しています。しかしNinja650の流麗なスタイリングは崩れておらず、デザイン的な魅力は健在です。

カタログで紹介されているスペックは先代のNinja400Rと近いですが、Ninja400はフレーム剛性等の基本性能を高めています。車体横のオフセットレイダウンサスペンションやハイテン鋼のパイプで出来たダブルパイプペリメターフレームはより美しくなっています。カウル形状も現行Ninjaシリーズのスタイルに一新され、よりスタイリッシュで高級感の有る顔つきに変更されました。成熟した大人のみならず、学生からの支持も厚いのはこの辺りの完成度に由来しています。
またポジションとしては805mmの低めのシートに、バーハンドルでハンドル位置を高くした為、直立気味の優しいポジションにまとまっています。フルカウルは前傾がきつくなる傾向に有りますが、Ninja400はかなりマイルドです。常日頃からスポーツ走行を楽しむというよりは、混雑する一般道路でも快適に走りたい人に合わせています。こうしたユーザーフレンドリーな部分も支持される大きな理由です。

 

カワサキ Ninja400

搭載するエンジンは399cc水冷4ストローク並列2気筒です。ボアストロークは68.4×54.3mmとボア、ストローク共にNinja650より小さくなっています。最高出力は44馬力/9500回転と250ccクラスに比べるとはっきりとパワーアップしています。ツアラーとして利用するなら、フルカウルの有無だけでなくこのくらいパワーやトルクにゆとりの有る排気量を選びたいところです。電子制御のサブスロットルを加えたデュアルスロットルバルブの効果で、高いエンジンレスポンスを発揮します。ツアラーバイクは燃費も重要ですが、公称燃費37.5km/Lと良好な数字が出ています。トランスミッションは6速MT仕様です。バイクの車重は209kgと、兄弟のNinja650と全く同じ数字になっています。

新車購入で60万円強と、昨今の高価格化する400ccクラスの中で、意外に購入しやすいのもポイントです。250ccのトルクの細さに悩む人には価格的に大差無いNinja400は有力な選択肢です。フレーム剛性も大型譲りな為、スポーツ走行にも十分耐えてくれますし、防風性の高いフルカウルで実用性も十分なオールラウンダーですね。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

カワサキのバイク一覧

カワサキ Ninja250

ホンダ CBR400R

ヤマハ YZF-R3