読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ GSX-S125はここが凄い!!

スズキ GSX-S125

GSX-R125のネイキッド仕様として発表されたGSX-S125。125ccクラスで運動性能に優れるストリートファイターということで、フルカウルが仰々しく感じる方には嬉しいバリエーションモデルとなっています。

125ccクラス最強を狙ったストリートファイター

スズキ GSX-S125

ライト周りのデザインは、正統派SSだったGSX-R125に比べると色んな意味でスズキっぽさ全開のデザインとなりました。低めのライト位置等、ややスクーターっぽくも見える独特なデザインを採用しています。他のGSX-Sシリーズとは大きく異なるデザインになりました。カラーリングはブラックやレッドの他、スズキのワークスマシンGSX-RRをイメージしたメタリックトリトンブルーが用意されています。サイドに大胆にスズキロゴが入るレーシーなカラーです。

 

スズキ GSX-S125

横から見るとGSX-R125とはかなりポジションが異なっているのがわかります。785mmの低いシートに対し、ハンドル高がかなり高めに修正され、アップライトなポジションになっています。街乗りなど日常的に乗車するライダーに合わせて前傾姿勢はかなり解消されました。適度にリラックス出来て、ツーリングに使うにはこちらの方が疲れ難いです。ただし、いざという時のスポーツ性も犠牲にしない様、GSX-R譲りの走行性能は保たれています。

 

スズキ GSX-S125

ブレーキはフロント290mm、リア187mmの前後ディスクブレーキ仕様。ABSはボッシュが新興国向けに開発した最新鋭ABS、ABS10を装備しています。高級な大型バイクに数多く採用されているABS9の機能をそのままに、大きく省スペース化軽量化することに成功しました。日本も含め、今後二輪車のABS装着が必須になっていく中、高機能とコストを両立した最新モデルとなっています。ホイールは前後17インチ、フロント90/80-17とリア130/70-17のダンロップ製ストリートタイヤD102を標準装備します。

 

スズキ GSX-S125

エンジンは125ccの4ストロークDOHC水冷単気筒。GSX-R600の1気筒を参考に新開発され、圧縮比11.0:1、ボアストロークは62mm×41.2mmとショートストロークなパワー重視のエンジンになっています。これは先に発表されたGSX-R125と同じ物で、このGSX-S125もパワーウェイトレシオに優れるハイパワーなマシンとして開発されました。車両重量は133kgと、先行するヤマハのMT-125やKTMのDUKE125よりも軽く、クラス最軽量を目指して本気で設計されたことがわかります。GSX-S125では車体に取り付けた6つのセンサーによって吸気温、吸気圧、水温、スロットル開度等を計測しています。それを基にφ32のスロットルボディを走行シーンに最適な状態で制御します。これによって高効率な燃焼をサポートし、エンジンの高出力、レスポンスの良さ、そして走行中の低燃費性といった性能を底上げしています。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキのバイク一覧

ホンダ CB125F

ヤマハ MT-125

KTM 125DUKE