UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CBR250Rはここが凄い!!【レビュー】

Sponsored Link

CBR250Rのイラスト
by momokoxx

そろそろフルモデルチェンジが入りそうなCBR250Rですが、レースでは未だ現役として活躍している名機です。デザインもちょこちょこ改良されており、今回は2眼ライトの新型を試乗することが出来ました。ホンダお得意のトリコロールカラーが見た目も鮮やかです。

単気筒なのに恐ろしくスムーズなエンジン

f:id:Rustyman:20131219174128j:plain

ホンダのエンジンのスムーズさは他社と比較して非常に特徴的で、CBR250Rにもホンダ色を感じ取ることが出来ます。振動面では不利なはずの単気筒エンジンがホンダの手にかかると他社の2気筒並にスムーズに回ります。最大回転数こそ一歩及びませんが、エンジンの持つ精緻なフィーリングに、これなら単気筒でも全く問題無しと太鼓判を押したくなります。ヤマハともカワサキとも全然違うフィールは目指すところや思想が違うのでしょうね。低速トルクは単気筒らしく力強くフラットな感じで、街乗りの足に使ってもギクシャク感は少ないです。おまけに単気筒なので燃費も有利という良いとこ取り仕様です。価格を考えるとエンジンはとても良く出来ていると思います。

ブレーキは純正でもしっかり効いてくれますが、カッチリとしたフィールを求める方はアフターパーツで詰めていくと良いと思います。CBR250Rはワンメイクレースを行っている為、走行性能をアップさせるアフターパーツはかなり充実しています。足回りは幾らでも弄ることが出来る最高のカスタムベースです。ホンダ自体他社より台数が出るメーカーなので、アフターパーツは揃いやすい傾向に有ります。シフトフィールはノーマルでも上々ですが、ステップ位置が気になる方はこれも交換してあげるともっと良くなります。

 

バランスの良い適度な前傾姿勢

CBR250Rはエントリーモデルなので、当然上位のモデルよりも誰が乗っても乗り易い、優しめのポジションをしています。それでもフルカウルらしい適度にレーシーなポジションです。バランス良く組み立てられているので窮屈感は有りません。シート高780mmと足付き性も良好です。

スクリーンの長さ、面積はやや控えめといった感じでしょうか。カウルは大きく、特にこの現行モデルのトリコロールカラーは見た目も断然良くなっています。高速道路でもかなり走行風を防いでくれそうですが、防風性能だけならヤマハのYZF-R25の方がやや分が有りそうです。向こうはカウル形状やポジションも含め、ツアラーとしてトータルに作りこまれているので仕方ないですね。

タンク形状は非常に出来が良く、ライダーに抜群にフィットします。今回各社試乗してきましたが、250ccフルカウルの中で最も好感触なタンクをしているのがこのCBR250Rでした。跨った時のフィット感が全然違います。ワインディングの様なある程度バンクさせる状況では、この辺りの作りの良さは効いて来るでしょう。コーナーリングそのものは安定感が強く、どこかマイルドです。正直欠点らしい欠点が見当たらないです。ライダーの姿勢という点でCBR250Rは完成度が高く、安価にスポーツ性を楽しめるお買い得モデルとして仕上がっています。

 

息の長いモデルだけにアフターパーツは豊富

f:id:Rustyman:20101116030500j:plain

以前のCBR250RはいわゆるVFR系統の顔立ちでした。今に比べるとカウルの形状も多少変わっていますが、この頃はアンダーカウルが黒塗りになっていたり、小型の250ccらしくカウルが小さく映る配色をされています。後々いわゆるCBR顔に変更されたということは、このVFR顔はあまり人気が出なかったのでしょうね…ちなみに同じデザインのCBR125Rは2眼になることなく廃盤に…

2011年に登場しているため、今年でもう5年選手ということになります。CBR250R Dream Cupのおかげでチューニングノウハウも豊富なため、サーキットでは馬力に勝るNinja250やYZF-R25と対等に渡り合っています。ホンダのSSは尖った魅力というか、過激さはそこそこですが、走らせると実は速い羊の皮を被った狼みたいな状態です。単純にデザイナーのセンスが…というのは置いておいて。

 

f:id:Rustyman:20160425164536j:plain

こちらはCBR250Rのレースベース仕様。HRCを擁するホンダはこういうバリエーションモデルも用意しており、サーキットユーザーに優しいメーカーですね。市販車を剥いてレーサー化するよりは最初からこちらを購入してしまった方が手間も掛からず低コストです。公道走行は完全に不可能ですが多少はね…。
CBR250Rは国内レースの底辺レベルの底上げにも貢献している凄いモデルなんですね。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

ホンダのバイク一覧に戻る

カワサキ Ninja250