読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ GSX250Rはここが凄い!!

スズキ GSX250R

スズキファンが長らく待った21世紀のクォータースポーツことGSX250Rが遂に正式に発表されました。GSR譲りの2気筒スポーツバイクとして今後注目の一台となりそうです。

最初の一台にも勧め易い新型エントリーモデル

スズキ GSX250R

スタイリングはGSX-Rシリーズを意識した作りで、車体を覆うしっかりとしたフルカウルが装備されています。見た目に関しては先行するライバルと比べても見劣りしないレベルに仕上がっています。

 

スズキ GSX250R

こちらはMotoGPを意識したメタリックトリトンブルー仕様。カウルのビッグロゴやリムステッカーの効果で格段にスポーティな見た目になっています。ポジション的にはライバル勢がそうな様に、徹底したスポーツというよりはどちらかというと日常使いがし易い適度なバランス感を意識した物になっています。シート高も790mmと足付きに余裕の有る高さです。タンク容量が15Lと250ccとしてはかなり余裕の有る大きいサイズでツーリングユーザーの強い味方です。スズキとしてはこのGSX250Rをエントリーユーザーでも楽しめる懐の深いモデルとしたかった様ですね。

 

スズキ GSX250R

フロントのデザインは他のGSX-Rシリーズ同様角型の一灯で、ウインドスクリーンに設けられたダクト等、パッと見のかっこ良さはかなり上手にまとめられた印象です。ハンドルはSSらしいセパレートハンドルを採用したことで、スポーティさを強調しています。

 

スズキ GSX250R

サスペンションはKYB製のφ37正立フォークと、プリロード調節機能付きのモノショックの組み合わせとなっています。ホイールは前後17インチのキャストホイールに、IRCのオンロードタイヤを組み合わせています。タイヤサイズはフロント110/80-17、リア140/70-17となっています。

 

スズキ GSX250R

ブレーキディスクはフロント290mmに対し、リア240mmのそれぞれシングルディスク仕様としています。前後のキャリパーはNISSIN製が標準装備されます。

 

スズキ GSX250R

エンジンは249cc水冷並列2気筒。GSR250をベースに低速トルクの充実した扱い易さを重視しています。ボアストロークは53.5mm×55.2mmとショートストローク化していくライバルとは対照的にロングストローク設計になっています。圧縮比は11.0:1です。吸気バルブの形状変更、スパークプラグの変更やピストン、シリンダーの仕様変更で燃焼効率の向上、フリクションロスの低減が図られ、現代のバイクとして高い燃費性能を実現しています。カムプロフィールも街乗り重視の設計で、20km/hから90km/hの速度で最も力強さを出す様調整されています。最高出力も24.7馬力/8000回転と、250ccという排気量の限界に挑む様な高出力志向では有りません。車両重量は178kg、ABSモデルで181kgと他に比べると少し重さが気になります。

敢えて同社スポーツバイクに伝統的に使われてきた「GSX-R」としなかったスズキの意図が気になりますが、これで国内4社の250ccフルカウルスポーツが勢揃いしたことになります。このクラスはやはり注目度も販売台数も高いので、来年以降多くのGSX250Rを見かけることになるかと思います。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキのバイク一覧

ホンダ CBR250R

ホンダ CBR250RR

ヤマハ YZF-R25

カワサキ Ninja250

カワサキ Ninja250SL

KTM RC250