UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

トヨタ アクア X-URBANに試乗してきた!【レビュー】

Sponsored Link

f:id:Rustyman:20160508152938p:plain

トヨタのアクアは近年の定番モデルとしてすっかり定着しましたが、台数が出ていることも有り極々一般的なモデルから、G'sの様なスポーツグレード、そして今回のX-URBANの様なアウトドアテイストまで多様なバリエーションを誇っています。

流行のアウトドアな雰囲気が魅力

f:id:Rustyman:20160508153617j:plain

オプションでは有りますが、フェンダー周りを未塗装の樹脂パーツとすることで、乗用車然としたアクアをSUVルックにまとめています。サイズや排気量的にはホンダのヴェゼルやマツダのCX-3辺りが競合になります。トヨタ車の中で小型SUVを選ぼうと思うとこいつになるかと。ハリアーでは流石に大きい、という方には丁度良いサイズ感です。

勿論このスタイルに変更されるのに合わせて、車高も20mmアップ、ホイールもインチアップされ外見はかなり手を加えられています。特にSUVスタイルにする上で車高を上げたのはイメージチェンジに大きく貢献しています。その分、燃費性能等若干落ちましたがその辺りはトレードオフということで。

とはいえ元々SUVとして設計されているわけでは有りませんし、他社の小型SUVが人気を博す中、トヨタなりの苦肉の策の様にも見えます。ベースがアクアですから悪路の走破性は流石に専用設計の自動車というわけには行きません。SUV購入者が皆オフロード走行を考慮しているとは思いませんが、一応注意が必要と覚えておきましょう。

 

出だしの力強さはハイブリッドらしく元気が有る

f:id:Rustyman:20160508155724p:plain

エンジン性能はベースから大きく手を入れられてはおらず、通常のアクアと差は感じません。アクセルを踏み込むとハイブリッドらしいグッと車体を押し出す加速力を見せてくれます。アクセルを踏めばエンジンも素直に反応してくれますし、馬力の無い車に良くある出遅れ感は比較的抑えられていました。車体も小さく、キビキビと動く感じです。乗り心地重視のセッティングをしており、変にふにゃっとした動きをするわけでもなく、右へ左へすいすい曲がっていきます。

シートのホールド力はそこまで高く有りませんが、すぐに腰が痛くなる様な窮屈さは無い形状です。インテリアは他のグレードと同じですので、この形状が好きか嫌いかに分かれてくると思います。

SUVのスタイルを取っていますが、中身はあくまでアクアそのものですから、X-URBANの名前通り、街中での運用がメインになるかと思います。こういったアウトドアな雰囲気が好きな方には、妙な使い勝手の癖も無く、燃費にも優れるためおすすめできる一台です。