UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

デルビ Senda DRD X-Treme50SM/Rはここが凄い!!

Sponsored Link

デルビ Senda DRD X-Treme50SM/R

DERBIの50ccモタードの中ではエントリークラスのSenda DRD X-Treme50SM。こちらのモデルではオフロード仕様のRモデルも有り、オンオフ問わず楽しむことが可能です。

50ccのお手頃スーパーモタード

デルビ Senda DRD X-Treme50SM/R

見た目はSenda DRD PRO50SM同様、本格的なスーパーモタードのスタイルです。ライト形状も含めたフロントフェイスは今時のシャープなデザインで古さを感じさせません。ただ正立フォーク等、より廉価な仕様になっています。フロントフォークは31φの正立フォーク、リアはモノショックをスチール製のスイングアームと合わせています。ブレーキはフロント260mmとリア220mmのシングルディスク仕様。ホイールはスーパーモタードの為、前後17インチのキャストホイールを装着します。タイヤサイズは100/80-17と130/70-17で、排気量を考えれば十分な太さではないでしょうか。

 

デルビ Senda DRD X-Treme50SM/R

エンジンは2ストローク49.9cc水冷単気筒。ボアストロークが39.86mm×40mm、圧縮比は11:1となっています。このエンジンは最大で2.9馬力を発生させます。50ccの為、やや非力さは隠せない印象ですね。最高速はメーカーから発表されている範囲では、45km/hとされています。50cc2.9馬力のイメージからするとこれくらいが妥当なところではないでしょうか。またX-Treme50SMはキックスタートになっており、セルスタート式だったPROに比べると若干始動に手間がかかる仕様です。タンク容量7Lというのも、ツーリング用途にはやや小さ過ぎるかもしれません。シート高はかなり高く、855mmと日本人的には足付きがやや難しいです。車重は非常に軽い96kgで、遊び用のセカンドバイクとしては操作し易く面白そうなパッケージです。

 

デルビ Senda DRD X-Treme50SM/R

こちらはSenda DRD X-Treme50R。見た目はほとんど一緒ですが、ブロックタイヤに履き替え、よりオフロード走行に特化しました。前後17インチだったSMに比べると、こちらはフロント21インチにリア18インチのスポークホイールで、よりオフロード向きのパッケージですね。ミラーもモタードの鋭角な物から、丸型ミラーに交換されました。足回りの仕様変更としては、まずフロントディスクが240mmに小径化され、サスストローク量を増やして悪路に対応しています。シート高もオフロード仕様で若干高くなり、900mmと50ccのミニバイクとは思えない高さです。

気になる価格は約2300ユーロと比較的お求め易くなっています。50ccということで非力なマシンですが、公道用のスーパーモタードの中でも最軽量クラスというのが魅力です。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

DERBI Senda DRD Pro50SM

ヤマハ TZR50

カワサキ D-Tracker 125

カワサキ KLX125