読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CB125Fはここが凄い!!

ホンダ CB125F

ホンダから125ccクラスのネイキッドバイク、CB125F。小型自動二輪の教習にも使われるホンダらしい扱い易さの光る一台です。

ホンダのエントリークラスネイキッド

ホンダ CB125F

スタイリング的には現代のネイキッドで流行している異形ライト等を取り入れつつ、スタイリッシュな方向に仕立てています。マフラーカバーのメッキ等、適度な高級感にも気を配られています。カラーリングはホワイトやイエロー等、豊富に揃っていますから、男性女性問わず好みに合わせ易い仕様です。ホイールは18インチのアルミホイールで、細めのスポークが見た目を軽くしつつ、高速でのコーナーリング時も高い安定感を生み出す新型を使用しています。装着しているタイヤはかなり細く、フロント80/100-18、リア90/90-18となっています。あまり馬力の有るマシンでは有りませんが、ライバルと比較しても細く、その分倒しこみ時に軽快感を得ています。

 

ホンダ CB125F

メーターは全てアナログ式で、ネイキッドバイクらしい雰囲気を演出しています。デジタルメーターと好みが分かれるところですが、個人的には中々綺麗にまとめられている様に見えます。

サスペンションは、フロントに31φの正立フォーク。リアサスペンションはモノショックではなくツインサス仕様で、左右の赤いスプリングが印象的ですね。新型のスチールフレームとセットになって、柔らかくしなやかな乗り心地を生み出しています。ブレーキはフロント240mmのディスクに2ピストンキャリパー、リアはドラムブレーキを採用しました。

 

ホンダ CB125F

CB125Fのエンジンは124.7cc4ストローク空冷単気筒。圧縮比は9.2:1、ボアストロークは52.4×57.8mmとなっています。振動面で不利な単気筒な為、バランサーシャフトの使用でそれを抑えています。最大出力は10.6馬力/7750回転で、CBR125R同様出力的には同クラスのライバル達より控えめなスペックになっています。燃料供給には電子制御のPGM-FI。セルスターターによって始動も簡単です。燃費の良さに加え、ガソリンタンクが13Lとこのクラスとしては大きい為、フル給油からの航続距離はかなり長めに設計されています。シート高は775mmと、ネイキッドらしい低めの設計です。高めのバーハンドルのおかげでかなり直立したポジションになっており、疲労感を低減しています。車両重量も128kgと軽く仕上がっている為、バイクの操作に慣れないエントリーユーザーでも容易に扱える様になっています。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ CBR125R

ホンダ CB250F

ヤマハ MT-125

カワサキ Z125PRO

KTM 125DUKE