UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ヤマハ MT-125のスペックはここが凄い!

Sponsored Link

ヤマハ MT-125

ヤマハで人気のMTシリーズから末っ子のMT-125のご紹介です。日本でも人気のYZF-R125の兄弟ですが、SSをベースにしたネイキッドという意味でこれも立派なストリートファイターです。

125cc屈指の近代的デザインのネイキッド

ヤマハ MT-125

MT-125の名前通り、搭載されているのは125cc水冷単気筒となっています。コンパクトなエンジンの為、カウルの無い車体を横から見るとスカスカな感じがしますね。これもMT-125の無駄をそぎ落としたデザインには合致しており、かえって独特な雰囲気を出しています。ライトはMTシリーズに共通する多角形の異形ライトを採用し、今流行のネイキッドスタイルにまとめています。ライバルとしてはKTMのDUKE125等がそうですが、MT-125もそれに負けないかなり個性的な見た目をしています。

エンジンパワーはYZF-R125譲りの15馬力/9000回転。非力な軽量級バイクですから、しっかり回して馬力を搾り出してやるのが快調なペースを維持するコツです。6速MTを積んだことで、トントン小気味良くギアチェンジしていく快感を楽しむことが出来ます。車重は140kgとカウルが無くなった分、YZF-R125比で2kgのダイエットに成功しました。

 

ヤマハ MT-125

デザインに凝ったMT-125はハンドルの固定部分にも余念が有りません。YZF-R125のセパレートハンドルから、バーハンドル化することで、きつめの前傾姿勢を適度にアップライトに変更しています。シート高もそれに合わせてわずかに落とされました。常時伏せ気味のR125に比べれば、見通しも良くなり、街乗りでの扱い易さ、軽快感は向上しています。その所為かヨーロッパのヤマハではMTシリーズは街中を縦横無尽に駆け抜ける世紀末系バイクの様な表現をされています。見た目は確かに大変尖った物ではあるのですが…。

 

ヤマハ MT-125

足回りはMT-125もラジアルマウントのブレーキキャリパーに倒立フォークを搭載し、ボリューム感は満点です。軽さを活かした高いコーナーリングスピードが武器の125ccですが、一体何kmで曲がることを想定しているのでしょう。フォークに適度な存在感が有るので、小排気量モデルで良く見られる正面から見た時の線の細さを抑えてくれています。

 

ヤマハ MT-125

メーターは3面に区切られた液晶画面で、非常に凝った造形です。真ん中がタコメーターですが、回転の上昇に伴いゲージが上に伸びていくという粋な演出がなされています。メーターはライディング中も目にする機会の多い所ですからとても気を使われている印象です。

これだけの中身で、現地価格は4399ユーロと非常に高値な価格設定です。125DUKEに対抗出来る物にしたらMT-125も相応な値段になってしまいました。ヨーロッパでは根強い人気の有る125ccですが、日本人の感覚ですと装備もびっくりするくらい豪華、価格も豪華なバイクになっています。YZF-R125がレッドバロンで60万円強という時代ですから、こちらも日本で乗ろうとするとそのくらいの予算を覚悟しないといけなそうです。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

ヤマハのバイク一覧

KTM 125DUKE