読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CBR650F 2017はここが凄い!!

ホンダ CBR650F 2017はここが凄い!!

2017年モデルでマイナーチェンジを果たしたホンダのCBR650F。CBR600RRに比べると、オールマイティに扱えるユーザーフレンドリーさが魅力です。今回のマイナーチェンジで更に成熟した内容に生まれ変わりました。

トータルの完成度を高めたフルカウルスポーツ

ホンダ CBR650F 2017はここが凄い!!

デザインとしては以前のモデルの雰囲気をかなり色濃く残しているので、そこまで大きく変わったという感じはしません。CBR650Fの特徴である単眼ライトはLED化され、サイドカウル、リアシート周り、それにマフラー形状も微妙に異なるのですが、カラーリングの差異等を除けばすれ違い様に旧型と新型をはっきり見分けるのは難しいでしょう。

サスペンションはNC750S等にも使われるSHOWA製のφ41デュアルベンディングバルブフォーク、リアには7段階のプリロード調整機能付きのモノショックを使用することで、しなやかさの有る足回りに仕上げています。ブレーキは新しいNISSIN製のキャリパーに、320mmと240mmのディスクをセットにしています。ABSは標準装備されており、制動力と安全性の高い仕様です。ホイールは前後17インチの鍛造アルミホイール、タイヤサイズはフロント120/70-17、リア180/55-17を装備しています。

 

ホンダ CBR650F 2017はここが凄い!!

エンジンは引き続き648cc水冷直列4気筒。ボアストロークは67×46mm、圧縮比は11.4:1と従来どおりの数字です。ただし新型では吸気ファンネルの短縮といった給排気系の成熟により、最大出力を89.8馬力/11000回転、最大トルクを6.52kg-m/8000回転にそれぞれ向上しました。ユーロ4もクリアする新仕様です。外見を変えても出力の向上はしないケースが多い中、新型のCBR650Fはよりパワフルになって運動性能を高めているのは大きな特徴と言えます。またギア比のローレシオ化によって加速性能も以前より高くなっています。

 

ホンダ CBR650F 2017はここが凄い!!

ハンドル周りのデザインもそこまで大きくは変わっていません。特徴的な左右非対称のメーターはそのまま残されています。シート高は810mmとそこまで高くなく、同クラスのCBR600RRに比べればポジションも若干ツーリングに優しくなっています。車両重量は213kgと2kg程増加していますが、はっきりと体感できる程大きな差では有りません。

 

www.youtube.com

今回のマイナーチェンジの内容は正統進化と表現できる内容ですし、前のモデルを狙っていた方も違和感を抱き難い見た目なので、今購入を考えている方は2017年以降新型を購入していくのが良さそうです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ CBR650F 2014

ホンダ NC750S

ヤマハ XJ6 Diversion F

スズキ GSX650F

カワサキ Ninja650