読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

KTM 1290 SUPER DUKE Rのスペックはここが凄い!

KTM 1290 SUPER DUKE R

DUKEシリーズのフラッグシップモデル、1290 SUPER DUKE R。KTMが誇るリッタークラスのストリートファイターとしてその走行性能も非常に高い物になっています。

KTM屈指のハイパワーを秘めたストリートファイター

KTM 1290 SUPER DUKE R

横から見た時に主張の強いトラスフレームはクロモリ鋼製で、KTMの中でも有数の大排気量エンジンの出力をしっかりと受け止めてくれます。シートフレームも含め、白とオレンジの2トーンに塗り分けられたトラスフレームが視覚的な洒落感を演出していますね。スイングアームは片持ち式でホイールの交換が容易な他、リアホイールの造形を美しく見せています。ヘッドライトはストリートファイターらしく低く設置され、首を垂らした様な独特なフォルムを形成しています。スクリーンは無く、走行風が容赦無くライダーに吹き付ける為、それを嫌う方はRモデルよりGTモデルの方が良いかも知れません。ネイキッドバイクらしく、シート高は835mmとKTMのラインナップ中では低く抑えられています。189kgとKTMらしく車重は相当切り詰められ、パワーウェイトレシオにも優れる設計です。この抜群な軽量さはDUKEシリーズの特徴ですが、1290 SUPER DUKE Rもとても軽く出来ており、ハンドリングに軽快感を出しています。

エンジンは1301cc水冷75度バンクV型2気筒を搭載しています。排気量が大きく、エンジンパワーも173馬力/8865回転と全ストリートファイターの中でもトップクラスに大きい数字です。GTモデルに比べると、こちらの方がパワーバンドは狭く、やや玄人向けかもしれませんね。トランクションコントロール機能を司るMTC (motorcycle traction control)は走行中のバンク角を計算しつつ1000分の1秒単位でスロットルバルブを調整して最適なグリップに調整します。ピークパワーが極めて高いことから、レインモードでは100馬力まで出力を絞ってリアタイヤのスライドを抑える仕様になっています。

サスペンションはWP製の前後調整式で、特にフロント側の48φの倒立フォークは左がコンプレッション、右がリバウンドと機能を切り分けたスプリット方式を採用しています。フロントブレーキはBrembo製M50モノブロックキャリパーに320mmのダブルディスク、リアも同じくBremboで240mmを合わせています。ボッシュ製9M+ 2チャンネルABSを組み合わせることで、痛んだ路面でも確実かつ安全に制動力を発揮してくれます。ストリート、スポーツ、レイン等ABSの制御モードを調整することが出来、特にスーパーモトモードではリアのABSの介入を止めることで、ストリートファイターらしい豪快なドリフトも可能です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

KTMのバイク一覧

1290 Super Adventure

1290 SUPER DUKE GT

ヤマハ MT-10

カワサキ Z1000

ホンダ CB1000R

スズキ GSX-S1000