読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

カワサキ KLR650はここが凄い!!

カワサキ KLR650

by 見上 礼視

カワサキより大排気量のオフロード車、KLR650です。少し前のNinja250Rを思わせるライトデザインや特徴的なカラーリング等、中々目立ち度の高い一台ですね。

ミリタリー色も取り込んだビッグオフ

カワサキ KLR650

アパレルではピクセルカモはたまに見かけますが、バイクでの採用例となるとあまり聞きません。パッと見は軍用車みたいでその手の愛好家には受けそうなカラーリングですね。カワサキお得意のライムグリーンも用意されていますが、ヘビーデューティな雰囲気のこちらも中々面白いです。ヘッドライト上部のウインドスクリーンは角度もきつめに調整されており、標準製ながら実用性は十分です。アンダーガードやハンドガードと言ったオフロードに必要な装備も標準で付いてきます。特にハンドガードは幅広で防風性も高そうですね。シートはフラットな作りで、後ろのキャリアもしっかりとした物が設けられています。フロントフォークは汚れに強いフォークブーツ付きでKLR650の質実剛健な雰囲気を高めています。ブレーキは254mmと212mmのシングルディスクブレーキとなっています。

 

カワサキ KLR650

デュアルパーパスのヴェルシス650に比べ、こちらのエンジンは651ccの水冷4ストローク単気筒。ボアストローク比は100×83mmです。トランスミッションは5速MT、燃料供給はキャブレター式となっています。デュアルパーパスというよりは更にオフロード特化のビッグオフにカテゴリーされるかもしれませんね。実際海外のオフロードシーンで活躍しています。ホイールサイズもフロント21インチリア17インチのスポークホイール仕様とオフロードのそれです。フレームはハイテン鋼のダブルクレードルフレーム。車重195kgと単気筒マシンらしく、200kgを切る軽量ぶりです。タンク容量が23Lとこのクラスの中でもかなり大きく、高い航続距離を誇っています。ポジションはオフロードらしいアップライトなポジション、シート高890mmはオフ車としては普通かもしれませんが、かなり人を選びます。大人の男性でも足が爪先立ちになりそうな高さです。ちなみにアメリカでのKLR650は、ハマーH2等と同様にゾンビの大量発生時に乗りたい車両にランクインしています。高い信頼性や走破性が評価されている様で、普段使いから世紀末まで大活躍してくれそうなバイクです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

カワサキのバイク一覧

ヤマハ XT660R

スズキ DR650SE

KTM 690 ENDURO R

BMW F800GS