読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ SV650はここが凄い!!

スズキ SV650

スズキより新型ネイキッドのSV650。異形ライトのネイキッドが多くなる中、ややクラシカルな方向にまとめられています。国内導入も予定される大型ネイキッドです。

Vツインロードスポーツ

スズキ SV650

フレームは無骨なトラスフレームですが、グラディウスと同様に綺麗な曲線を描く美しいフレームになっています。Vツインエンジンの為、エキゾーストパイプのうねりも複雑で、エンジンが露出するネイキッドスタイルにおいては良いアクセントにもなっていますね。ライトはこれぞネイキッドといった風情の丸目ライトで、購入後のユーザーによる調整も容易になっています。ホイールは5本スポークのアルミ製キャストホイール、タイヤはフロント120/70-17、リア160/60-17のラジアルタイヤを装備します。ブレーキは290mmのデュアルディスクと240mmのシングルディスクの組み合わせ。ABSも設定されています。1回転当たり50回に渡りタイヤのグリップを計測しており、路面状況に関わらず安定したブレーキングを可能にします。ライダーへのアシストとして、スズキイージースタートシステムを搭載しており、始動時にはスターターモーターと連携してワンプッシュで確実にエンジンを始動させます。

 

スズキ SV650

SV650のエンジンは645cc90度バンクV型2気筒です。ボアストロークは81×62.6mmとなります。ピークパワーは75馬力/8500回転と、ストリート向けのネイキッドとして比較的低い回転数でもパワーが出る設計です。シリンダーは耐摩耗性に優れるSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダーを使用することで鋳鉄スリーブを取り除いて軽量化、コンパクト化を実現しています。混合気への点火にはスパークプラグ2本を使うスズキデュアルスパークテクノロジーを利用することで、高い燃焼効率、低燃費性を達成しました。またLow RPM Assistを搭載し、始動時わずかにエンジン回転数を上げる様に調整されています。冬場にエンジンが冷たい時等、アクセル操作に気を使わなくてもエンジンストールを防止してくれます。

 

スズキ SV650

車重は197kgと4気筒のGSR400よりも軽量に出来上がっています。シート高785mmとネイキッドらしい優しさで、シート形状もスッキリとした細身のシートを採用しましたから、全体的に足付き性は高くなっています。SV650は女性ライダーでも楽しめる様、コンパクトな車体に設計されているとのことです。200kを下回る為、大型バイクとしては取り回しに苦労せず、ユーザーフレンドリーな一台です。カスタマイズ性には配慮されており、アンダーカウル、シート、スクリーン等メーカーより追加のパーツが容易されています。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキのバイク一覧

スズキ グラディウス650

ホンダ CB400SF

ホンダ CB650F

ヤマハ MT-03

ヤマハ XJ6

カワサキ ER-6n

ヤマハ XSR700