読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ XR650Lはここが凄い!!

ホンダ XR650L

ホンダのミドルクラスオフロード、XR650L。国内ではXRシリーズは順次販売が終了した中、北米では継続して販売が続けられている息の長いモデルです。

アメリカの大地を走破するホンダの大型オフロード

ホンダ XR650L

デザイン的には四角いヘッドライトやシートのデザイン等、長い間継続販売されたモデルだけに、ややレトロな感じは否めません。一方、最近のスタイリッシュになっていくオフロードバイクに違和感を覚える方にはグッと来るデザインではないでしょうか。

サスペンションはフロント側がSHOWA製の43φカートリッジフォークになっています。16段階の減衰力調節機能付きで、使用用途に合わせたセッティングにライダーが調整することが出来ます。リア側のプロリンク式のモノショックも、同じくSHOWA製ですね。XR650Lはトレールバイクの為、サスストローク量はオフロード走行を想定して設計されています。ブレーキは前後共にシングルディスクで、フロントは2ピストンキャリパー、リアは1ピストンキャリパーです。リアのブレーキディスクには、走行中の破損防止目的に大きなガードが備え付けられているのが特徴的です。ホイールはフロント21インチ、リア18インチで、オフロード走行時の走破性を高めています。タイヤは勿論ブロックタイヤですので林道に持ち込んで十分走行出来ます。

 

ホンダ XR650L

エンジンは644cc4ストローク空冷単気筒。ボアストロークは100×82mm、圧縮比は8.3:1となっています。オイルの潤滑は、オイルタンクから圧送するドライサンプ式にすることで、オフロードバイクに必要な地上最低高の高さを稼いでいます。燃料の供給には42.5φのキャブレターを使用しています。トランスミッションは5速MT、駆動はチェーン式です。フレームはオフロードバイクらしく、スチール製のダブルクレードルフレームを採用しました。XR650Lの始動はセルスターターの為、ハンドルのスイッチで簡単に始動させることが可能です。シートがやや厚く、高さも940mmと高い数字ですから、日本人の体格には苦しいかもしれません。タンクは10.5Lとやや小振りのタンクとなっています。車両重量は、乾燥時に146kgですから、実際のオフロードでもリッタークラスに比べれば大分軽快感が有ります。ミドルクラスの排気量の為、250ccクラスよりは明らかにエンジンパワーに余裕が有り、走破性の高さが魅力です。小排気量車とはまた違うツーリングの楽しさを体験させてくれそうです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ CRF250L

ヤマハ XT660R

スズキ DR650SE

カワサキ KLR650

BMW F800GS

KTM 690 ENDURO R

トライアンフ タイガー800XC