読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

Vストローム650/650XT 2017はここが凄い!!

Vストローム650/650XT 2017

先日のインターモトでマイナーチェンジが発表されたVストローム650。デザインはVストローム1000に近い物になり、機能面でも大きな追加要素が加えられました。

 

Vストローム650/650XT 2017

今回Vストローム650と650XT両方がマイナーチェンジとなりましたが、よりデザインの変更の大きかったのはこちらのVストローム650の方です。2眼ライトで嘴も無かった先代に比べ、大きな単眼ライトとそれを守る嘴状のフロントフェンダーを装備したことで一般的なデュアルパーパスの見た目にかなり近づきました。12V電源も付属するので、携帯電話の充電にも使えます。

サスペンションは正立フォークとリンク式モノショックの組み合わせで、リアにはプリロード調節機能が設けられています。ブレーキは310mmのデュアルディスクに2ピストンキャリパー、リアは260mmのディスクにシングルピストンのキャリパーをセットにしています。

またVストローム650の場合、フロント19インチリア17インチのアルミキャストホイールを装備していることがポイントです。オフロード向きでは有りませんが、オンロードでは剛性が高く、郊外のワインディングを軽快に走りたいライダーには適しています。タイヤはブリヂストンのBATTLAX ADVENTURE A40を装着し、幅広い路面で高いグリップ力を発揮します。

 

Vストローム650/650XT 2017

エンジンは645cc水冷V型2気筒。ボアストロークは81mm×62.6mm、圧縮比は11.2:1となっています。新型のエンジンは60点以上の修正を加えることでよりエコロジーなエンジンに仕上がりました。新設計の樹脂コーティングピストンの採用によるフリクションロスの低減や、各気筒に2つのスパークプラグを配置するDual Spark Technologyによる燃焼効率の向上により、ツアラーバイクとしては有り難い燃費向上を実現しています。タンク容量も20Lと大容量の為、航続距離は申し分無いですね。またマイナーチェンジに伴い、タンク形状の変更でよりスリムになり、これはコンパクトなVツインともマッチしています。

更に新型ではVストローム1000譲りのトラクションコントロールが搭載され、リアホイールの空転を検知してエンジン出力を調整してくれます。乾いたアスファルトから、雨や雪の降った路面、それにオフロードまで幅広く対応し、グリップを確保してくれる仕組みです。更にスズキの最新車種で導入され始めているLowRPMAssistで、低回転時のエンジンストールも防止してくれます。

 

Vストローム650/650XT 2017

こちらはVストローム650XT。新型では650と650XTのデザインの差はそこまで大きくないですね。650XTではホイールが衝撃吸収性の高いスポークホイールになった他、エンジン下をカバーする大きめのアンダーガードや手元を守るハンドガード等、よりオフロード適性の高い仕様になっています。Vツインエンジンの為、前方から見るとややボリュームに欠けているVストローム650ですが、アンダーガードのおかげで華奢な感じがかなり抑えられていますね。諸々の装備の追加で650XTの方が3kg程重くなっていますが、悪路の走行も想定するライダーには650XTの方が向いているでしょう。こちらもキャリアが付属していますし、積載性の観点からもバッチリです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキのバイク一覧

スズキ Vストローム650 2013

スズキ Vストローム650XT 2013

ホンダ NC750X

ヤマハ Tracer700

カワサキ ヴェルシス650

BMW F700GS

BMW F800GS

MV AGUSTA  STRADALE800