読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ Rebel 300 / Rebel 500はここが凄い!!

ホンダ Rebel 300 / Rebel 500

ホンダから北米市場向けのクルーザーとしてレブル300とレブル500が発売されました。ハーレーに代表する大排気量バイクが人気ですが、このレブルシリーズは比較的お手頃な排気量に設計されているのがポイントです。

単気筒クルーザーのレブル300

ホンダ Rebel 300 / Rebel 500

まずはレブル300の方から見ていきます。SIMPLE、RAW(未加工)をコンセプトに無駄なく男っぽさを感じる無骨なスタイルにまとめられていますね。小振りなシートや独特のタンク形状等、ここ最近のホンダのラインナップに無かった雰囲気です。シートは通常シングルシートですが、オプションでパッセンジャーシートの追加が可能です。

サスペンションはフロントにφ41の正立フォーク、リアはネイキッドらしいツインサス構造を採用しています。タイヤはワイド&ファットをテーマにフロント130/90-16、リア150/80-16とサイズにして視覚的な迫力を出しているのが特徴です。車両重量は約165kgと、このスタイルにしては適度な数字に収められています。

 

ホンダ Rebel 300 / Rebel 500

クラシカルな丸目ライトはガラスレンズを使用することで高級感を演出しています。エンジンは286ccのDOHC水冷単気筒。ボアストロークは76mm×63mm、圧縮比は10.7:1です。Vツインとは異なりますが、単気筒特有の厚いトルクや強いパルス感はこのスタイルにはぴったりです。燃料の供給も最新のPGM-FIを使用します。タンク容量は11Lと小振りですが、このクラスの単気筒は燃費に優れているのでツーリング用途にも対応します。レブルシリーズは比較的若い世代向けの商品ということで、極端なハイパワーはよりも普段使いの扱い易さを重視してこの排気量・出力になっています。価格は北米では4400ドルに設定され、比較的購入しやすい価格設定です。オプションも豊富でスクリーンやバッグ、12Vの電源ソケット等が設定されています。

またこのレブル300に関しては国内では250ccでの販売が予定されています。一番ユーザーからの支持を集め易い排気量に合わせてくれたのは嬉しい配慮ですね。VTRとも一味違うネイキッドスタイルのバイクとして2017年以降注目を集めそうです。

2気筒エンジンを採用したレブル500

ホンダ Rebel 300 / Rebel 500

そしてこちらはもう1ランク排気量を上げたレブル500。サスペンションやフレーム等、基本的な部分はレブル300と同等ですが、直列2気筒エンジンに換装したことで、エンジン周りの密度感は大きく向上しています。小排気量モデルよりも迫力が増しており、このスタイルのバイクに求められる力強さが強化された形です。車両重量は185kgと、レブル300に比べ20kg程アップしています。

 

ホンダ Rebel 300 / Rebel 500

エンジンは471ccのDOHC直列2気筒エンジンです。ボアストロークは67mm×66.8mm、圧縮比10.7:1です。こちらも低い回転数からのトルクの厚さを重視していますが、高回転まで回した時のフィーリングの良さを損なわない様に配慮されています。2気筒エンジンとなったことで、エキゾーストパイプ周りに多少ボリューム感が加わり、ブラック塗装のマフラーと相俟って重厚感の有る仕上がりです。オプション品はレブル300同様、パッセンジャーシート等豊富なカスタマイズ用アイテムが揃っています。また若者向けというだけあって価格は6000ドルと抑えられています。日本円に換算すると70万円弱くらいで、国内でもこのくらいで流通すれば人気が出そうです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ VTR

ホンダ CB400SF

ヤマハ ドラッグスター250

ヤマハ ドラッグスター400