読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

スズキ GAGはここが凄い!!

スズキ GAG

86年にスズキがいち早く発売したミニサイズのレーサーレプリカことGAG。名前の通り、スズキとしては一種のユーモアのつもりで販売したのですが、結果的にはこのクラスの需要の高さが浮き彫りになりホンダやヤマハが追従する形となりました。

GSX-R750譲りのレーサーレプリカデザイン

GAGは当時油冷エンジンで独自路線を貫いていたGSX-R750を取り入れ、50ccクラスの小柄な車体にレーサーらしさを合体させたデザインになっているのが特徴です。シングルシートカウルには小物入れと細部にも気を使ったスズキの遊び心が生んだミニバイクです。カラーリング中のオールピンクのカウルも時代が違えば大ヒットしたかもしれませんね。

サスペンションにはセリアーニ式のフロントフォーク、シングルダンパーのリアショックを搭載しています。ブレーキはフロントにディスクブレーキ、リアはドラムブレーキ仕様で、小型ですがスポーツバイクらしい意匠にまとめられており、GSX-Rシリーズに憧れるライダーが安価に楽しめる物に仕上がっています。

エンジンは49cc空冷4ストロークOHC単気筒。ボアストロークは39×41.8mmとなっています。これはスクーターのバーディーから流用したものです。後発のライバル達が2ストロークエンジンを採用した為、最大出力は相対的に低く5.2馬力/7000回転、最大トルクは0.57kg-m/6000回転とスペック重視のレーサーレプリカファンには物足りなかったと思われます。ただし、ヨシムラを始めアフターパーツの開発は行われ、チューニングパーツでその差を補おうという向きは有りました。

また有る程度実用性を求めたことで燃費性能は121km/Lを記録し、非常に高い数字になっています。車両重量が70kgでとても軽く、おもちゃ感覚で乗り回せるのも良い所です。フレームには、いかにもレーサーレプリカらしい本格的なツインスパーフレームっぽいバックボーンフレームを採用しています。

当時の価格は18万3000円とこのクラスを販売した3社の中でも一際安い価格に設定されています。この類のバイクを何処よりも早く出したという点において着眼点は良かったのは間違いないのですが、誤算だったのはスズキが思っていた以上にユーザーのスポーツバイク需要が強かったことでしょうか。ユニークさが売りのレジャーバイクとしてではなく、ハイスペックなスポーツバイクとして売り出していたら結果は変わっていたかもしれません。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

スズキのバイク一覧

ホンダ NSR50

ホンダ NS-1

ヤマハ YSR50