読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ NT700V ドゥービルはここが凄い!!

ホンダ NT700V ドゥービル

ドゥービルはホンダのミドルクラスツアラーで、4気筒や並列2気筒の多いこのクラスのホンダ車の中でもV型2気筒を搭載し、高い積載性と走行安定性を両立したモデルです。

NT700V 2006-

ホンダ NT700V ドゥービル

フロントは大きいマルチリフレクターヘッドライトを装備、直立気味の5段調整式スクリーンはサイズも十分でフロントからの走行風を頭部まで大きくカットしてくれます。ボリューム感の有るハーフカウルのおかげで、ウインドプロテクション性能は高めです。また日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが、オプションとしてスピーカーとコントローラーの設置が可能になっています。ライディングポジション自体もハンドル位置を高めにすることで長距離走行時の負担を低減する形です。

 

ホンダ NT700V ドゥービル

サスペンションはフロントにφ41mmの正立フォーク、リアにプリロード調整可能なモノショックをセットにしています。ブレーキはフロント296mmのダブルディスクに3ピストンキャリパー、リアに276mmのシングルディスクに2ピストンキャリパーの構成です。更に安全装備として前後連動のコンバインドABS仕様もラインナップされています。

ホイールは3本スポークの17インチキャストホイール。タイヤサイズはフロント120/70-17、リア150/70-17です。

 

ホンダ NT700V ドゥービル

エンジンは680cc水冷52度バンクV型2気筒。ボアストロークは81mm×66mm、圧縮比は10:1です。最大出力は65.6馬力/8000回転、最大トルクは6.75kg・m/6500回転となっています。燃料供給はホンダの売りのPGM-FIを使用することで、都市部から高所までツーリングしても安定しており、燃費性能も高いです。フレームはスチール製のツインスパーフレームです。

 

ホンダ NT700V ドゥービル

リアホイールの駆動には、構造的に頑丈でメンテナンスフリーなシャフトドライブ式を採用しているのがポイントです。チェーン駆動に比べると、旅先にて不意に切れてしまうなどのトラブルの心配が無いので、ツアラーには適した駆動方式と言えます。また日々のチェーンメンテナンスの必要も有りません。トランスミッションは5速となっています。

車両重量は254kg有り、同じ排気量クラスのスポーツバイクと比べると重たい部類です。車体サイズは全長2218mm×全幅810mm×全高1320mm、SSやネイキッドに比べ一回り大きめに設計されました。シート高は805mmなので、こちらは大柄な見た目の割にネイキッドと大差ない数字です。

 

ホンダ NT700V ドゥービル

ドゥービルはツアラーの為、燃料タンクは19.7Lの大型タンクが搭載されています。車両重量が有るので公称燃費は20.1km/Lとなっていますが、長距離走行時も安心感があります。リアには両サイドに車体色に合わせたパニアケースが標準装備されているため積載性が高く、純正品ですからバイク本体とのマッチングもばっちりです。またオプションのトップケースを装着する余地が残されており、更に荷物を載せることが出来ます。シャフトドライブやスラッと水平に伸びたマフラーも含め、リアには中々特徴の有る一台です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ DN-01

ホンダ CBR650F

スズキ GSX650F

カワサキ Ninja650

MV AGUSTA ツーリズモベローチェ800