読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

カワサキ ヴェルシス650はここが凄い!!

VERSYS 650

カワサキのミドルクラスデュアルパーパス、ヴェルシス650。ミドルクラスというのはデュアルパーパスに限らず普段大きく注目されることは有りませんが、車体の適度なコンパクトさと十分なパワーで日常使いは快適になっています。

649ccのミドルクラスデュアルパーパス

VERSYS 650

デュアルパーパスはロングツーリングを行うツアラーとしての需要も有るので、やはりある程度大きめの排気量で設定されることが多い傾向です。このクラスになるとライバルはスズキVストローム650ホンダNC750Xといったところでしょうか。スタイル的にはSS寄りだったNinja650に比べると、こちらは更にツアラー色が強くなってきます。ライトデザインやリアサスペンション等、似通った部分も多いのが面白いですね。デュアルパーパススタイルの為、スクリーンはより直立しており、防風性を高めています。これも60mmの調整範囲が設けられていますから、ライダーの背丈に有った長さに調整して頂けます。

ブレーキは300mm、250mmのウェーブディスクで制動力と放熱性を確保しています。ブレーキキャリパーはTOKICOの物を使用しています。サスペンションはフロントは41φの倒立フォーク、リアサスペンションは車体右側に寄せたオフセットレイダウンリアサスペンションが見た目にもユニークなポイントとなっています。特にフロントはモトクロッサー等に使用されるセパレートファンクションフロントフォークを使用しており、左右でダンパー機能とスプリング機能を分担するという高機能な足回りです。ホイールはオンロードでの剛性感を高めるキャストホイール仕様ですね。その代わりヴェルシス650ではサスペンションをロングストロークに設定することで未舗装路やワインディングのやや凹凸の目立つ路面に対応する様にしています。そのままですとオンロードでの安定感に欠ける為にスプリングは固めの物を使用する事で舗装された道路ではしっかりと路面に追従するバランス感に優れるセッティングにまとめられています。

VERSYS 650

ヴェルシス650のエンジンは、649cc水冷並列2気筒(パラレルツイン)を使用しています。最大出力は69馬力/8500回転、最大トルクは6.5kgf•m/7000回転です。ボアストロークは83x60mmとショートストローク設計になります。このエンジンでは、ツーリングユーザーが多用する低中回転域のトルク感を重視しており、特に3000回転から6000回転にかけての加速の力強さ、レスポンスの良さに注力しています。大排気量のパラレルツインというのも低速トルクを高める上では向いていますね。

シート高は840mmとヴェルシス650はやや高めに設計されています。これはデュアルパーパス系の宿命と言えます。ただしハンドルは高い為、全体のポジションは非常にアップライトで疲れにくい物です。スクリーンの長さも十分で、走行中の快適性は高いですね。タンク容量は21LとNinja650等よりもかなり大型化されています。航続可能な距離が長く、高速道路で一気に目的地を目指す様な時に活躍してくれそうです。車重214kgとしっかりした重量が有りますが、ミドルクラスらしい軽快感を損なわない範囲に抑えられています。Ninja650のデュアルパーパス版というよりは、ヴェルシス独自のこだわりが散見しており、この手のバイクが好きな方なら十分満足して貰える内容です。

 

VERSYS 650

オプション品を装備したグランドツアラー仕様。LEDフォグランプやハンドガード、リアシートのバッグ類とフル装備と言った感じです。旅のお供としてはこれくらい荷物が積める方がやはり有り難いですね。夜間の走行ではフォグランプで灯りを追加すると安心感が高まります。クラスを超えた重厚感が魅力です。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

カワサキのバイク一覧

スズキ V-ストローム650XT

ヤマハ Tracer700