UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ CB250Fのスペックはここが凄い!

Sponsored Link

ホンダのCB250F

CBR250Rをベースにホンダが作り出したストリートファイターがCB250Fです。CBRが2眼化する中、異形の単眼ライトでまた違った雰囲気を放っています。クラシカルなネイキッドとは一線を画す良いモデルです。

CBR250Rベースのストリートファイター

www.underpowermotors.co

元々SSのカウルを剥いだネイキッドバイクをストリートファイターと分類していたわけですから、その定義で考えるとCB250Fはモロにそれに当て嵌まります。

CBR250Rが持っていた高回転まで非常にスムーズに回る単気筒エンジンは76mm×55mmと非常にショートストロークで、これはCB250Fにも採用されています。このエンジンはとにかくフィーリングが良く、本来単気筒が苦手とする高回転ゾーンでもとても滑らかな質感を感じさせてくれます。エンジンスペックは特に弄られておらず、CB250Fのエンジンも29馬力を発生させます。またネイキッドバイクに仕様変更する過程でバーハンドル化することでポジションが楽になりライダーへの負担軽減、ハンドリングの軽快さの向上等、普段使いのバイクとしてより快適な作りになっています。元々がSSのCBR250Rですから走行性能という面ではかなり期待することが出来ます。タンク形状等、ライダーと触れる部分の作りはホンダらしく良く考えられており、運転中の一体感を与え、小回りの良さを活かしたキビキビとした走りを実現します。

シート高は780mmとCBRと同じですが、車重はカウルが無くなった分、3kg程軽量化されました。公称燃費50.1km/Lと単気筒らしく非常にエコなバイクです。スポーティな見た目とは裏腹にお財布への負担も少ないのが有り難いですね。

 

f:id:Rustyman:20160610154519j:plain

ホンダは既にVTRというクラシカルなネイキッドの定番モデルを持っているので、CB250Fはかなり近代的なデザインに寄せてきました。とはいえ従来のホンダユーザーが敬遠するようなアクの強さは無く、そつなくまとめられた感じです。サイドカウルも含めたタンク周りの造形も良く出来ています。ただ単気筒ゆえに一本だけ伸びたエキパイはちょっと貧弱に見える恐れも…。兄弟のCBR250Rに比べるとカウルが無い分、いくらか細く見えますね。

VTRとどちらを選ぶべきかという問題ですが、まずスタイリングでスタイリッシュな方向とクラシカルな方向どちらを好むかで分かれると思います。VTRはいかにもネイキッドらしいルックスをしていますし、一方で最新モデルらしい見た目をしているのはCB250Fの方です。CB250Fのエンジンは振動面で大分抑えられていますが、VTRの方もV型2気筒で素性は良いですね。燃費面では2気筒のVTRはやや不利で、CB250Fの方が数段上の数字をたたき出します。車両価格的には約46万円のCB250Fに60万円のVTRですから、どちらの方がコストがかかっているかというのは価格からもわかるかと思います。CB250Fはタイ生産で価格を抑えており、安価な選択肢としてもおすすめすることが出来ます。

 

Sponsored Link
 

 

関連記事

ホンダのバイク一覧に戻る

ヤマハ MT-25