読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

トライアンフ デイトナ675はここが凄い!!

トライアンフ デイトナ675

TRIUMPHよりミドルクラスのSS、DAYTONA 675。国産の同クラスSSが4気筒で攻める中、3気筒エンジンを搭載しワインディングからサーキットまで高い評価を受けています。

TRIUMPHのミドルクラスSS

トライアンフ デイトナ675

まずはベースグレードのDAYTONA675から。レースシーンを意識したSSだけ有ってハンドル高は低く、レーシングマシン然としたポジションです。シート高は820mmの為、日本人でも足は付き易くなっています。マフラーに関して、TRIUMPHのHP上にも主に本国仕様の写真が使用されており、本来はこのショートマフラーが付くのですが、国内仕様に関しては規制の都合上、もう少し大きい物が付属します。17.4Lのタンクは形状を見直し、よりニーグリップし易い形状を追及しました。

ベースグレードのサスペンションはKYB製41φの倒立フォーク、リアは別体タンク付きのモノショックとなっています。ブレーキはフロントに310mmのダブルディスクにNISSINのキャリパーを、リアには220mmのシングルディスクにBremboのキャリパーを装備します。ホイールは鋳造アルミ製の17インチ。タイヤはピレリ製ディアブロスーパーコルサをフロント120/70-17、リア180/55-17とそれぞれ使用しています。オプションで空気圧の監視システムも付ける事が出来、不意のパンクによる走行不能を防ぐ仕様です。

エンジンは水冷並列3気筒。レースレギュレーションに合わせ、排気量は675ccとなっています。このモデルではボアストロークを76mm×49.6mmと従来よりショートストローク化、圧縮比も13.1:1と高圧縮な仕様です。最大出力は128馬力/12500回転と、サーキットで使用しても不足の無い数字ですね。3気筒の場合、各シリンダーの排気量が大きく、4気筒勢に比べるとトルクの力強さも評価されています。

 

トライアンフ デイトナ675

こちらはよりスポーツ性を高めたDAYTONA675R。DAYTONA675をベースに、装備の変更・追加を行っています。上位グレードということでシートレール等一部のカラーリングを変更しています。車体のキャスター角、トレール量にも手を加え、こちらはサーキットの高い速度域でも安定する様にセッティングされました。ABSはオンオフの切り替えの他、サーキット用にトラックモードが追加されています。クラッチにはスリッパークラッチが設けられ、ブレーキング時の安定性も高くなっています。カーボンパーツも多用され、見た目にもレーシーなモデルです。

 

f:id:Rustyman:20160819135050j:plain

一見Rモデルも同じ倒立フォークの装備する様に見えますが、ベースグレードのKYBに対し、こちらはオーリンズのNIX30に交換されました。同様にリアサスペンションもオーリンズのTTX36になっています。キャリパーもフロントがBremboのモノブロックキャリパーに換装されています。ベースグレードも悪くありませんが、サーキットで運用していくなら、やはりRモデルを選びたい所ですね。価格はベースグレード比20万円アップの約160万円となっています。

関連記事

ホンダ CBR600RR

ヤマハ YZF-R6

スズキ GSX-R600

カワサキ ZX-6R

MV AGUSTA F3 675

ドゥカティ 959 Panigale