読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

ホンダ X-ADVのここが凄い!!

ホンダ X-ADV

予ねてよりホンダが開発していた新型スクーター、X-ADVがいよいよ発表となりました。スクーターの高い利便性と、アドベンチャーバイクの走破性を併せ持ったこれまでに無いキャラの立った一台です。

アドベンチャー+シティーコミューター

ホンダ X-ADV

スタイリングはスクーターのそれをかなりベースしていますが、足回りはどちらかというとスポーツバイクに近い作りです。大型のウインドスクリーンや大胆な造形のライト周りは、いかにもデュアルパーパスらしい見た目に仕上げています。オプションのフォグライトを追加することで、照明の乏しい夜間や林道での走行にも対応します。

ホイールはフロント17インチ、リア15インチのステンレススポークホイール仕様。タイヤはオフロード走行を想定してブロックパターンが施されていますから、従来スクータータイプで侵入困難だった未舗装路等でも安心して走行することが出来ます。

 

ホンダ X-ADV

フロントサスペンションは大径の倒立フォークに、NISSIN製のラジアルマウント4ピストンキャリパーを装備しています。ブレーキディスクは310mmのダブルディスクで、スーパースポーツにも引けを取らない制動力を達成しました。またABSを標準装備しているので、制動時のホイールロックの不安は少なく、実際にハードに使うライダーだけでなく、もっと幅広い層に愛用して頂けます。

 

ホンダ X-ADV

スイングアームは作り込まれた専用品のおかげで剛性は高く、オンロードにおけるスポーツ走行でも十分な性能を発揮してくれます。駆動方式は兄弟機のインテグラ同様、チェーンドライブ式となっています。広範囲をカバーで覆っている為、オフロードでの損傷のリスクは低いです。

 

ホンダ X-ADV

シート下には21Lのラゲッジスペースが確保されており、フルフェイスのヘルメットが収納可能です。また同クラスのインテグラに比べると若干容量が拡大している点は嬉しいですね。専用リアキャリアにトップケースを増設する等、積載性はスクーターらしく高めに設計されています。

 

ホンダ X-ADV

メーター周りはデュアルパーパスを意識した大型の液晶メーターを採用しました。ウインドスクリーンのカバー範囲も広い為、胴体や首元に当たる走行風をかなり抑えてくれます。

X-ADVのエンジンは745cc水冷直列2気筒を採用しており、ボアストロークは77mm×80mm、圧縮比は10.7:1。最大出力は54馬力/6250回転、最大トルク6.9kg・m/4750回転となっています。スペックから見ても分かるとおり、同排気量のNCシリーズやインテグラの2気筒エンジンを積んでいます。このくらいの排気量なら一般道は勿論、高速道路の走行でも余裕が有りますね。車両重量も同じスクーターのインテグラと同等、トランスミッションがDCTという点も同じです。

ホンダのバイクで既に多数採用されているDCT(Dual Clutch Transmission)は、AT感覚で変速してくれる他、セミATとして自分好みに変速させることも出来るので、MTバイクを好んで乗ってきた方にも受け入れやすくなっています。

 

www.youtube.com

冒険心溢れる作りは若者向けに見えますが、シティーコミューターとしてもしっかり作られていることがわかります。問題は車両価格が120万円とかなり高額になってしまったことでしょうか。かなり専用の設計が為されていることは想像に難く有りませんが、NCシリーズやインテグラが70万円から90万円のミドルクラスに収められていたことを考えると大分差が有ります。

大型バイクはどうしても趣味の乗り物の為、幅広い層から凄い人気を集めるということは難しいですが、普段の快適性を犠牲にせず、スポーツ走行にも堪えるスクーターとして、通勤等普段使いも兼ねる方を中心に注目を集めそうです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

ホンダのバイク一覧

ホンダ CRF1000L

ホンダ VFR800F

ヤマハ TMAX530