読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnderPowerMotors

バイク総合データベースサイト

KTM 1290 SUPER DUKE R 2017はここが凄い!!

KTM 1290 SUPER DUKE R 2017
Illustration by ジッツ

DUKEシリーズのフラッグシップモデル、1290 SUPER DUKE Rの新型が発表されました。発売されたばかりのGTに比べ、より無駄を削ぎ落とした大型ネイキッドとして今後注目されそうです。

サーキットでも活躍する高性能ネイキッド

KTM 1290 SUPER DUKE R 2017

ライトやタンク、シュラウドの形状はより刺々しいデザインとなり、フラッグシップのネイキッドバイクらしいスタイルに仕上がっています。特にライトはLEDを使用し小型化しつつ、より特徴の有るデザインになりました。また従来大きく露出していたフレームも、シートカウルを取り払うことで更に露出が激しくなっています。車両重量は乾燥重量195kgに若干増えましたが、依然このクラスの排気量では際立った軽さを誇っています。

 

KTM 1290 SUPER DUKE R 2017

足回りはWP製の新型倒立フォークを搭載し、更にセッティングをスポーツ性の高い固めの物に設定しています。ブレーキはフロントに320mmのダブルディスクとBremboのM50モノブロック4ピストンキャリパーの組み合わせです。リアには240mmのディスクと、同じくBremboの2ピストンキャリパーが装備されます。ホイールは前後17インチ、タイヤはストリートでバランス良くグリップ力を発揮するMetzelerのSPORTEC M7RRを標準装備します。

 

KTM 1290SUPERDUKE R 2017

エンジンは改良された1301cc水冷V型2気筒のLC8エンジン。ボアストロークは108mm×71mmです。吸気ファンネルをより短くし、高回転時の出力を重視した結果、新型の最大出力は177馬力/9750回転にパワーアップしています。前モデル同様、SSに引けを取らない高出力ぶりです。ただし高い出力が雨天時には危険な為、100馬力まで出力を調整するレインモードも設定されています。その他、リアタイヤのグリップを管理するMTC(Motorcycle Traction Control)が装備され、ライダーの好みやスキルに合わせてスライド量を調節してくれます。

トランスミッションは6速MT、更にシフトアップ&ダウンをサポートするクイックシフター+が搭載されました。その結果、より素早く快適なシフト操作を実現しています。1290SUPERDUKERにはシフトダウン時のバックトルクを和らげる目的でスリッパークラッチが標準装備されていますが、更にオプションで電子制御のMSR(Motor Slip Regulation)が選択可能になっています。これはエンジン回転数をECU制御で調節してくれる機能で、シフトダウン時に起こるホッピングを防いでくれます。

サーキット走行を好むライダー向けには、トラックパックという専用オプションが用意されています。ローンチコントロールや、積極的なドリフト走行を可能にするスピンアジャスター等を始めとした豊富な機能が利用出来ます。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

関連記事

KTMのバイク一覧

KTM 1290 SUPER DUKE R 2014

ヤマハ MT-10

カワサキ Z1000

ホンダ CB1000R

スズキ GSX-S1000